樛の杜

まがる・うねるの杜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

・あう・

ダァーーーーーーーーク過ぎなんだよぉ
みんな疲れてしまいますのん

樂だってとっても悲しいけれど
立ち止まっていたら前へ進めませぬ

頑張って行くと疲れてしまうので
のんびりゆっくりやって行けたらなと思っていまいす

心のリハビリの為
仙台から札幌へ療養

しかし暑い・・・
関東に帰ったらクーラー扇風機も出すわ

大嫌いな夏がやってきます

日曜日には帰ります
少し疲れが癒えたらお会いしたいですね

nori様 読んでくれているのかしら?
読者が多分すごぉーく限られてきていると思う

でも書いて行くさ

札幌は暑いけれどよい季節です
夜が大分のびましたね

朝は三時半には明るい
さてさっさと寝ないとお早いアポロンが現れてしまいますわ

眠れない病マックス&湿疹が酷い事に
恐るべしストレス

ではでは後、二日の休暇を楽しみます

・樂・
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・ひさしぶり・

そんな事で色々あって仙台に行ってきた

右も左も
分からない内に沢山の人達が入り乱れ心もボロボロだ・・・

どんな風にしても人の死を止める事はできないけれど
その後の生き方を変えて行こうと思える事はできる

辛く苦しい別れだった
心にはいつも思い返しても側にいてくれる

声も言葉もまだはっきりと心の中に・・・・
心からの尊敬と深き愛する心

そしていつも情深き心で俺を護ってくれていた

本当に感謝しています
何度も何度も、文字にして

逝ってしまわれた事を現実だと分かるまで
心に刻み込むように貴方に何度も手紙を書こう

もう二度と読んではもらえないけれど
それが天へ届き自分のエゴだけで心の悲しみが癒えるまで

劫火と共に焼かれた読まれずに終わってしまった手紙のように
永遠に書き続けたっていい

そしていずれ自分が灰になる時に共に再び焼いてもらえば
その手紙は灰となって届くのではないだろうか・・・?

それくらいしか自分には思いつかない

まだ・死・を受け止めきれていない
この悲しみは癒えず自分の心をしばらくの間、蝕んでいく事だろう

不安が胸をうめる・・・
心が割れてしまいそうだ

ここら辺で止めておかないとみんなが苦しくなってくるだろうから
止めておこう

しかしいったい誰が読んでくれているのか・・・?
そろそろ終いか!

・樛・



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・愛しきサラ・

頭が真白になれる唯一の声・・・
何故こんなにも心から揺さぶられる声に出会える事があるのだろう・・・

サラ・パパだと思うがそれも素晴らしく良いぞ・・・

今日のお供のワインはシラーだと思うが
軽く甘くお嬢さんを思い起こさせる感じで胃が駄目にもかかわらず
氷をかなりごっそり入れる離れ業で・・・・

まぁ反則だが仕方ない
なんかぶどうジュースみたいで激うまだ

恐るべしで飲み欲しいしまいそうだな

しかし四週間目には行っている胃腸の悪さ
腰は痛いわ背中は苦しい

サボりすぎてたたられた(藁)

こんな事をしていないで寝ないといけないのだけれど・・・

明日は急遽、仙台

人の死と直面してこなくてはいけない

生まれて二度、体験しいるが未だになれることはない
一方的に連れ去られてしまうあの感覚をどうしても許す事ができない・・・

ああ何も考えずにバルハラにでも行きたい

誤字脱字は勘弁

ワインのうまさでちゃらだちつゃせ
どこの方言だ?

愛しい人が死を迎える
その人の為に一体何がしてあげられるのだろう

何も出来はしない

結果はいつも同じで見守って見送るだけだ

だけど近くに入れるだけいい
入れない時の死は自分のみを滅ぼすのではと思う

共にどんなに長く一緒にいたいと思うだろう
一秒でも長く

それが許されない事が分っていても・・・

愛して愛して愛しぬいて
それでも還らない肉体を思い生き続けるのはどんな気持ちなのだろう・・・・・

抱いた時 生きていた証の重みが腕に残る
その重みが一瞬にして灰になり

地球の吹く風に流されて行く
そしてその灰は浄化される

地球の一部となるのだろう

愛する地球が全てを許してくれて
今まで生きてきたことも

今までの行いも

何もかもを貰い受けてくれる

だったら悲しみを捨てろ
苦しみも捨てろ

全ての痛みに悲しみに打ち勝つために

深く誰かを愛そう

愛して・愛して・愛して・あいして
心を愛で一杯にして人を救おう
こんな自分と言う存在が誰かを救えるなら

それはなんと素晴らしい事だろう

天へ
史上最高の神がおられるなら

全ての人々を救って欲しい
飢えや痛みや辛さを訴えてる人々の全てを

心を込めてそれを願う

数少なくなってきた読んでくれる方達に此処に心から感謝を

アイシテル
愛してる

細く長く続けていくつつもりなので出来ればお付き合いを・・・・


・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・せめて樂は・

しめじめのぷろぐじャナイノダカラネ

うーお兄が陰に引き篭もり・・・・

樂しらけちゃうから
樂樂の思ったとおり生きるの

大好きは好き
傍にいたい時はいる

何もかもを愛してぎゅってして
暖かい場所が大好き

ずっと抱きしめていたい
ずっとぬくもりを感じていたい・・・

愛おしいという想いの中に
自分の心が入り込んで

相手の想いを抱きしめたい

兄・妹どっちも考え方は違うけれど
駄目駄目かしらね

好きになってしまった時点で自分が負けなのかも

負けじゃなくて勝ちなんだよきっと
愛して好きで手放したくなくてずっと一緒にいたい

その欲望こそが愛なんだ

全てが欲しいと思うその心
全てが愛したいと思う感情

それこそが自分の中にある独占欲への塊

そこに存在する闇、そこに漂う黒い感情
どれも皆自分のもの

手に入れるも手放すも自分の心次第

それでも相手の心が欲しい
それでも相手の魂が欲しい
肉体も全て

自分の中に取り込んでしまいたいほどに・・・

体と心誰が疲れていた

裂かれてしまった心も痛いこの感情も・・・・
包まれる夢の中に

全てを優しく
包んでくれる存在にいつか出会えるのだろう

愛しき者よ

我を 救え

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・人の死について・

人の死と言うものは本当に突然訪れるものである
どんな事をしても避けられず

どんな事をしてもそれはその人の体を蝕み
朽ちて骨になり大地へと還す仕事を已めない

まだ生きている者達が此処にいて欲しいと願う中
その・死・は確実に訪れいずれその肉体を骨と皮にし

地球へ還してしまうのだ

こちらの言い分も聞かずまるでなに事もなかったように・・・

愛している者達の心を無視して
大事な者は確実に奪われてしまう

どんなにもがいてもどんなに抗っても
地球は優しくそして暖かく何もかもを向かえ

人の死を大地へと還すのだろう

人の悲しみを知らず
人の痛みを知らす
人の憎しみをも消し去って

全てを浄化させてくれる

愛おしき者を救える手立てが残っていない場合どうする事が
一番いいのだろう

悲しみに立ち会うたびに考える

だがそれは人それぞれの考え方であり

生きながらえるその時間を少しでも楽しく
生きてもらうしかないのではないだろう?

残された時間を大事に生き悔いのない様に
愛している者達がいたらなおさら・・・・

どうしてやる事も出来ない自分がはがゆい

俺に出来る事は言葉を連ねる事だけだ・・・・

その中に心の奥底に届く想いを・・・

どうか一日でも長くこの大地・地球・で生きて欲しい
彼等のエネルギーは偉大だ

全ては光の中にそして温もりは地球の中に・・・・
その中に還るのだから怖いことはないのだと


そう伝えたい人がいる

少しでも長く俺の傍にいて欲しい
そしてもっともっと沢山、話をさせて欲しいのだ

どうか時よ今すぐにでも止まってくれ・・・・


・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・なんだか・

寒かったり暑かったりで風邪などひいていませんか?
樂はいまのとこ大丈夫だけれど・・・

だんだん色々なお花が咲いてきたね
第二段階かしらね

紫陽花も色がついてきたし、川べりのアガパンサスも段々
伸びてきました

でもあれはひょろっと伸びるのでちょっと途中段階は
怖い感じ 紫色のお花が咲きます

紫陽花も色々な種類があって
白い・すみだの花火・と言うのが好きです

さてそろそろ梅雨になるとか嫌ですね
雨はなるべく降らないでほしいのだけれど・・・

・樂・
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。