樛の杜

まがる・うねるの杜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

・今日は 靄の朝・

昨日は 一昨日に雨でぐったりなっていては駄目だから
お友達に会いに行きました

とりあえず会った後は用事があったから

江ノ島にいったんだけれど

お店は閉まっていて
しくしくでしたの

ふーーーーん

しょうがないから気に入りのイタリアンのお店に行き
ランチをしてから

バックしてきました

それで夜は平塚の花火大会にマルサの女の子と遊びに出かけました

ちょっと 遠かったのだけれど
とても綺麗だし

凄い人込みを考えると

ありがたい限りでした

ちょっと最近はメンタル面が低下しているから

なんか気になる事があると 駄目駄目です

本日は桜木町で女の子同士のデート

夜はライブとちょっと忙しめ出かけた後は良いんだけれど
次の日は疲れが残ってしまうので

本当は連続と言うのもね・・・

体の為には一日おきがいいです

軟弱ぶるつもりはないけれど

夏の暑さには色々と負担が多くて

疲れるとすぐに湿疹も出来て痒くなるから
それが困ります

と言うことで

みんな土日をお楽しみ下さいね

・樂・
スポンサーサイト
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

・そんなな事で まだ止まない雨・

涼しくてありがたいのだがとても体が
だるくなるのでやめて欲しい

雨は気鬱だ

雷の音が響いている

雷鳴は神の怒りであるとも・・・
叫びであるとも言われた

人々の悲しみも行い
人々の痛みの行い

それを嘆かわしく思って
神が哀しみ そして雨は涙であり

雷鳴 叫びだと・・・

詩的な表現だが 中々 的を得ていると思ったのを覚えている

高校に入ってからは
とにかく本を読み漁った

もっとも

その前から本好きではあったがな

何でも知りたがる事によって
色々な様々な事が 自分の中に蓄積されていくのが好きだ

人に聞くことで勉強できる事も沢山ある

けれども本から学ぶ事は自分の目で見ることだ

それはそれでちゃんとした 知識として残る

勉強はそれなりだったが
変な事ばかりに詳しくなった

まぁそれも 今の俺を形成するものとなっているのだから
それはそれで

筆記で覚えないと人間は知識にならない

手と目が体に知識を蓄えさせるのだ

さてさて

又 本日も雨

その後のギャップに耐えられなくなるんだよな

夏は特に

北海道に 非難できて良かった

本当に心底

心から疲れている
夏の七月は辛く 苦しい

八月に入ると本当はもっと大変なのだが

何故か心待ち九月の秋になるかと思うと
絶えられるのだ

六・七が辛い

みんなはどうだろう

さて

救いを求める者達を手を差し伸べたいと思うけれど

その前に自分 復活の儀式だな

メンタル面をあげないといけないし

体力も夏バテで疲れている

うかうかしていると又
飲み込まれてしまうかもしれん

己の闇に食われるわけにはいかない

今度こそ絶対にだ

打ち勝って どんな事をしても
この 呪われた呪縛から脱出しなくては

もう精神を破壊させられるのはごめんだ

・死・も もう怖くない

何が恐ろしいか?

それは

己の中にある・闇・心を潰すほどの

深い深い 闇夜だと

その闇を打ち砕けの力を溜め込まなくてはならないんだ

だから

もう
恐れないで

前を向いて 

正々堂々と何一つ 失わない為に

己も

己に関わってくれた沢山の人々も

みんなみんな 愛していると告げたい

だったら

泣いている暇などないのだ

さよならは言わない

全てに 愛していると そう告げる為に

絵画を書き出したのだから

何もかも

全ての 心からの

背徳を消し去り

夜叉となって 心を鬼としてでも

やりきらなくてはならないんだよ

だったら できるはずだ

どんな事をしても

どんなに卑劣だと言われても

全てを 整えて

ありとあらゆる者の力を借りて

やりきってやる

必ず あの 海を 見ながら

暮らす為に・・・

樂 俺を導いてくれ

共に生きて来た お前なら分かる

雨が 心の 臓を 叩く

雨音は嫌いだ

血の音に聞こえる・・・

朝から ダークすぎるな

リフレッシュ しないと腐る

さて

本日は人を呼んで少し 馬鹿騒ぎでもするか

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・一日中 雨・

そんな事でお疲れ様なの

昼から

大変だったし

というのもお兄がまた

引き篭もりに入ったからです

まっ仕方ないのよね

今日はそれに雨で酷かったし

まっいいかっ

良くはないけどよしにしよう

と言うことで
樂も一日 出なかったのお家から

それはそれでよし

ネイル・しながら打っているから

大変な事になっているけれど

キラキラのブルー

明日は晴れていたら

江ノ島の海でも行ってこようかなって感じです

スケッチに誘い出ししてみようっと

と言うことで

疲れたぁ

今は漸く 初めての食事

おともはウォッカと バケットのチーズとバジルスパイスの軽い食事

あんまり

食べたくないから

ちょっとだけね

では

夜 夜

皆様 スター・ナイトをお楽しみ下さいませ

このテンプレート結構 人気あるみたい

カウンラーのお友達が
 
欲しいなって言っていました

背景の事ね・・・

じゃまた 明日

・樂・
 

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・もうすぐ・

七月が終わるな

疲れた

半年の戦いが折り返しを迎えようとしている
中々 此処まで順調だったとは言いがたいがなんとか

葉書のサンプルが送られて来て

友人の所で見せたらカフェにおいてくれる事になった

中々 カメラワークがうまく取れていれば
良い感じだが

葉書は紹介見たいものなので売れるかどうか?

売れてもさした売り上げではないが

絵の具 一本代になると思えば

ちりも積もればなんちゃらか・・・

さて

八月は北海道に行く事になった

色々な出会いを再び期待しよう

とりあえず 報告まで

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・おはよ・

よっぽど疲れたのかまだ 睡眠中でーす
お兄 シンダっ

まぁもともと体力ないからね

耳塞ぎ 樂も真似しちゃうっ
はかせ たろうの 曲だわ 

お兄の借り中

人のI・Podとか 楽しいよね

今度の土曜日に行く ライブの子は
ラップを聴いていて

お兄に以来してきた事は・詩・がうまく出来ないからって

小説書くお兄には簡単な話だよねって感じで

コラボしたんだよね

それでライブがあったら教えてねって言ってたのが
五月だから

少し 間があったけれど

中々 連絡って取り合ってくれないかなと思うと
来たりするから待っていたら良いのよね

そんな事で

一回 携帯のアドレス 全焼したように吹っ飛んでいるから
お兄のあの時の顔は忘れないわ

パニックにならない人程 まずいよね

なんとか持ちこたえて古い携帯 探していたけど
なかったら二時間で諦めていたわ・・・

はやっ

さてさて 昨日は中々 海は人手が凄かったけれど

三時間くらい のらりくらりと

楽しみましたの

整体師のお友達で 最後の最後で
樂もお兄も お骨を矯正して貰いました

なんと五千円もするのに

ただで笑

ありがたいです

いつかお金取るからねっていいながらも してくれたわ

嬉しいなぁ

さてさて

ではでは違う事も 頑張らないと

あっ

ネット・ギャラリーのカウンターが百超えしました
皆様のお陰

どうも有難うございます

そんな事でみんなもお友達に広めてね

先週は忙しくて中々 新しいのが載せられなかったのだけれど

・黒緑・がね お仕事大変だったから

その合間にしてもらっているから

今週は新作 載せるって言ってたわ

ほぼ 毎日 書いているのだけれどね
リンクからネット・ギャラリー行けますので

よろしくね

ではでは 皆様 週明けの月曜日

ファイト ファイト ですのんっ

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・とにもかくにも暑い・

再び 江ノ島

疲れた 二日も出ていると死にそうに疲れる

明日ちゃんと まともな記事を載せよう

今日は駄目だ・・・

ではでは

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・朝・

そんな事で四時起き

四時に起きれば絵画作成

・囚われの薔薇・シリーズ第二段完成

でもこの三角キャンバスの売れ行きは良さそうで
今日も、もしかしたら

一枚売れそうだなと思う

分からんが

まぁ売り見込みは樂の仕事なので
再びさくっと色仕掛けでもしてくれ

なんて言うのは冗談で

韓国人の友人が出来てその友人が
見てくれるといったので

持って行こうと思う

まぁ これは中々の出来だったので

自分的にも満足だ

今日の囚われの薔薇は

薔薇が青にした時点で
どうなのかと思ったが

良い纏まり

しかし

ゴッホの様な色使い

他の人にも言われたが
それ程
力強く書いているつもりはないのだが

・・・

まぁ

いいさ

そんな訳で晩は再び横浜

そろそろ 飽きてきたな横浜
新宿とかにすべきか

でも人込みは嫌いといった

厄介ぶり

まっ

本日は午前もどうかな

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・こんにーち・

あつですのん
毎日毎日 嫌ですぅ

樂は午前はそれでも買い物に行ってきたの

紅茶がアール・グレイだけになってきたから
それはそれでつまらないので

ジャント?オリジナル・ブレンドの
洋ナシとピーチ

ナイスブレンド

アイスティにはもってこいだと思います

そんな事で後はお兄の絵の具買いに付き合って
お茶するまもなく家にバック

そしたら・黒緑・からお試しの葉書が
届いていてとってもありがたい限りと

早速あけていました

熊本でなければ飲みに行くのにね

と言うこと

ではでは みんなまだ二時だよ

ファイト ファイトです

・樂・

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・そんな事で・

連日連夜 あいつも良く人を呼べるなと言うほどに
ディナー・パーティの日々は続く

まぁ世の中 夏休み

それはそれで

昨日の友人は
ピアニスト・マルサの女

二人とも愛らしくも美しい女性達

ピアノの生演奏を聴きながら一度
絵画を作成したいものだ

どんな物が出来上がるのだろう?

いつもは外界との遮断で
I・PODをつけている

それで バリバリと書く

しかし 体力が落ちてきたのか
とうとう 又 湿疹が出始めて

体が痒い

まったくもっての軟弱体質でこまる

アレルギー反応とストレスで出る
後は汗を書くことも厳禁

つらい

痒いのは耐えられないよな
暫く出ていなかったので

大丈夫だとたかをくくっていた

まぁ持病のような物なので
仕方あるまい

喘息の方も少し出てきている

夏のストレスもろかぶり

ああ

ハワイか

後、一ヶ月

一体 いつになったら落ち着いてのんびりと
絵画を作成できるんだろう?

わからない

どうにもこうにもだな

さっさと画廊を見つけて

バックスポンサーにでもなってもらわない事には
自分 一人で色々とやるのは大変すぎる

さぁ 本日も 暑そうだぞ

いってらっしゃいの人は頑張れ

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・心情・

心の中に一つの波紋が広がる

それが次第に大きくなって

それが次第に広がって

痛みはゆっくりと浸透して行くかのように
心を侵略した

言葉には出来ない哀しみ

心の中でじわじわと

一つの疑いが心を果てさせ

音をたて壊れていくのが分かる

愛してくれなくてもいい

ただ 生きていてくれるなら
それだけで

そう 思って

その心だけで生きて行こう

愛する者にして

全ての心を受け取ってもらわずとも

何もかもを
貰えなくても

何もかもを奪えなくても

それでも愛していればいいのだろう

この気持ちが届く事がなくても

ただ 愛すると決めたのだから

いつもの様に

ずっと ずっと 心に置いて

愛し続ければいい

存在を感じて

悲しみも心に閉じ込め

それだけでいい

ただの空虚な心で

一つの愛を信じればいい

愛されなくとも
愛する事は出来る

愛し続けることも

辛く 悲しくとも

それでも ずっと ずっと 愛している

それは自分の心だ

誰にも触れさせなければいい

この愛だけは

本当で真実だと そう言えるなら

それでいい

だから 伝えられなくても

ずっと ずっと 愛している

そうここに記そう

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・こん・

こんにちわっ

夏の暑さを吹き飛ばしですのよ

ジェル・ネイルをしながらの午後の一時

体調が暑さのせいでなんだか良くないので
食事も少しずつです

大変だけれど
夏のダイエットには丁度 良いのかも

暑いぃぃぃぃぃん

なので バック・ミュージックには
マライア・キャリーの クリスマス・ソング 笑

早く クリスマスになって欲しいです

そしたら・晃・に沢山 プレゼントあげて
楽しみたいです

プレゼント大好き

あげる方が好きかな

サプライズのプレゼントは大好きだけれど
お兄はそういうの得意です

女の子は思いがけないプレゼントが嬉しい 生き物ですよね

ふふっ

樂はその人が欲しそうな物凄く分かるから

色々 試行錯誤しなくていいですの

好みや好きな食べ物や好きな小物 色 香りとか
沢山の事を知ってから

これっていうのをあげたり 作ったり

考えているのが楽しいし嬉しい
  
その人が嬉しがるのを見て

嬉しくなるタイプ

だから ご飯も 作るのが好き

美味しそうに食べているのを見ると

嬉しいから

さて ネイル かんりょ

ブルーのグラデーションにしたの

お兄が絵を書いてくれる時はみんなに
驚かれます

さてさて

皆様

もうすぐ三時

お疲れ様

おやつ タイムですね

樂は今 食べたから

アイスティだけ

そんな事で

残り少し

ファイトファイト

絵画のリンクは行って見てきてねぇ

綺麗なの 沢山 載せました

よろしくです

・樂・

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・結果・

連休明けの火曜 
プール代休・・・

それでも 何でも 泳ぐのだ
と言うわけではなかったが

江ノ島まで行ってしまった

海 俺はスケッチ

女の子達も小麦色で良い感じだったな

樂の水着姿は見慣れているのでいいとして

まぁ 夏は 花火だ 海だと
みんな浮かれ気分?

俺は アンニュイに江ノ島を眺めていた

スケッチの道具を持っていってなかったので

景色 観察

魚が 跳ねたりと凄かった

まぁ 救急隊員 よろしく
いちよ 着替えて 浜辺で 女の子ピックアップ

それはそれで

目の保養

楽しかった

又 日曜に行く
別の友人と

海でのテキーラが望みと言う説もあり



・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・帰ったよっ・

と言うことで帰って来たのっ

頑張ったっ

疲れた

しくしくだよ

でも これから

マルサの女の子と

プール

楽しみ

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・時・

指し示した時が来た

何もかもを照らして

何もかもを失わない為に

愛してるそれだけを告げたい

そう想っていた

いつもいつも切実に
いつもいつもただ欲しいと

そう伝えて

悲しみの心は
痛みの心は何処へ行けばいいのだろう

どんなに愛しても

心は届かず

どんなに求めても

全ては消える

泡の様に
雲の様に

掴んだと思えば
するりと逃げて

此処にいるのだと
そう告げても

手の平から水の様に流れ落ちる

その中に一体
どれだけの水が残るのだろう

人が人である為に
人が人を信じる心

その行いは とても難しい

ただ 信じあう事は

抱きしめる事

ただ愛し合う事は

肌の温かみを感じる事

何もかもを手に入れたいのに
手に入ると怖く

愛されればそれは恐怖となってしまう

愛されたいと望みながら
愛されれば逃げたい

失うのが怖い
心の底から

愛される居心地の良さ
愛される安心

それは暖かくて気持ちがいい

でもどんどん どんどん 大きくなれば

怖くてたまらない

いつか自分が捨てられ

いつかその人達は消えてしまう

その悲しみに

絶えられるのだろうか

生きる事は孤独だ

何一つも

本当は手に入らないのかもしれない

何一つも

手に入れようとしたいのかもしれない

心が凍り付き
心が何の音も触れさせなければいい

言葉という音を

耳に入れたくない

そうすれば

傷つかないですむ

そうすれば 涙も流れない

愛してる

そう伝えても

届かないのであれば

言葉を閉ざし

もう

一言も

口に出してはいけない

また 同じ 道を行くんだな

悲しく 苦しい

辛い時を

いつか愛している心が
分かってくれたら

それは一粒の

小さな小さな 心の破片

それを見つけて

受け取ってもらう日は

来るのだろうか?

痛みと

悲しみ

孤独と解放

全てから解き放たれたい

・ツガ・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・また最初から やる俺・

一時間 何故か 時間を 見間違え

全く 持って いつも 阿保 だな

余裕 ふりで 全然
確認 を 怠っている
まぁ その おかげで

中に 入り Counter の様な ネット Lunエリアがあり 有り難く携帯の 電源 差し込み

blog 更新

いつも いつも 有り難く ・黒緑・

此処に 感謝を

なんとか こぎつけ られたのは 本当に彼のお陰だ

もし ちゃんと 纏まった 仕事が 取れたら 礼を 尽くそう

有り難く 心を 受け取る ばかりで すまない

さて 皆 暑さを 吹き飛ばすために

・雪白の薔薇・ を お届けしよう

神奈川では珍しい 二月の 雪の降る日に

街頭の明かりが木々の樹木の 中に 輝き
美しい 様を 夜 散歩に 出掛け 目にした 時の ものだ

皆 涼しさを 受け取って 欲しい

新幹線待ち

また 更新する
携帯からだと名が入らない

まぁ 見てくれ れば

分かるな

・ツガ・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・そんな事で大阪・

あーーーーーーーーーーーーー

熱そうだな

嫌だ 本当に熱いのは嫌いだ

果てたくなる

とにかく準備して出かける

あちらでもパソのある環境になれるので
夜にでもアップできるかもしれない

そんなことで 行って来る

スケッチもしてくるので
帰ったら特別 アップをかけるつもりなので

お楽しみに

三日間 休暇と言うよりは

仕事だな

あーーーーー

いつになったら のんびりできるんだ

死ぬな

夏はあまり行動しない予定だったはずだが

この状態では無理だな

ああ そうそう

ライブも決定した友人からも誘いがあり
月末は下北沢で

ゲストとして登録しておいてくれたらしい

どんなんか楽しみだ

と言うことで

お疲れ

行って来る

三時に目が覚めているので途中で果てないか心配だ

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・そんな事で夏・

昨日はご馳走になった

それはそれは美味しい日本料理の
フルコースだった

最初は牛肉のクリーム・チーズ添え

刺身の盛り合わせ
醤油も二種類

魚の天婦羅とサラダ

フルーツとデザートの盛り合わせ

スパークリング ワイン・白
日本酒 面白い名前だった

上機嫌 秋田か?岩手の酒だったかな

夜景を見ながらの食事

あちらが出してくれたのはありがたい

驕りは楽である

そんな訳で命の洗濯もしてきたので

明日は大阪まで仕事

美味く話がまとまると良いが

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・お昼ですね・

のんびりとした一日のスタート 

お兄に叩き起こされて朝焼けを見て又 二度寝しました

疲れました

だけど とっても綺麗だったのでちょっと嬉しいです

そんな事で今日は相変わらずの人嫌いの為に
樂も一緒に駆りだされる事になりました

まぁいつもの事なので仕方ない

お色気作戦 レッツ・ゴーです

あまり 食欲はないので
今もバケットにマヨネーズとバジルをふり掛けて

軽くトーストしていただきました

二切れ小さいの

まぁ 良い感じです

お昼がもうすぐなのですが
別 作業中になると 全然 駄目駄目ですね

お昼もばらばら

だけど

夜は一緒に頂きますは絶対です

今日も風が強いですね

なんだか

夏らしくない夏とか思っているうちに

ギラギラしてきて

ちょっと不安

日焼け止めを怠っていたら

なんか

変な風に日焼けをしてしまい
手がしましまです・・・

ショールがいけなかったらしい

しくしく

と言うことで

お昼のだらだら おしゃべりでした

・樂・
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

・さて・

昨日は結局 ベトナムの友人の所へ
行ってしまい

果てて帰って来て

解説を載せられなかった・・・

では リンクから ギャラリーへ行き見た後にでも読んでくれ

・囚われの薔薇・ 油彩 製作時間 約一時間

これは珍しく三角キャンパス
変わった形でどうなのかなと思いやってみる事に

前に売れてしまった分の補充なのだが

当然 前のを見てしまっている人達には好みが分かれるところだ

写真も技と変な角度から撮ってみた
と言うのは三角で収めてしまうと

画面に入らないから

だが美しい薔薇だろう
これは三つ葉のクローバーの様に

三枚を書いて飾るようにする予定のものだ

中々の力作

油彩だけの物なので乾くともう少し色が落ち着く

・天空の花畑・アクリル・ガッシュ 製作時間 約三時間

これは久しぶりに綺麗な色で書き上げたくなって

上段の薄い色により春に戻りたかった感かなと思う

美しい薄いピンクとラベェンダーそしてグリーンにホワイトを

下は当然 滝をイメージしたのだが
上段はみな 雲と言われた

花畑なのだが

まぁいいだろう

満足のいく出来だった

そしてこれも今までと同様に三人の人物を描いている

上段は消え入りそうなまでの淡い男と女の心情を

下段はそれを見守る一人の強い男の感情を表している

そんな訳で

解説は終了

今日は打ち合わせで夜は桜木町まで出かけなくては

久しぶりの遠出

というか夜出かけ

中々 出来ないというよりは
したくない

人込みは本当に避けたくなってきているので
辛いな

まぁ仕方がない

これからの何かに繋がればいい

では

みな 今日の一日を大事に

空を見上げてくれ

早起きをしていて良いことは
夏は朝焼けが見れることだ

一枚 スゲッチを書いた

色鉛筆 パステル画のような仕上がり

昨日の風は強かったな

雲がまるで生き物の様で
流れる様を暫く見ていたよ

さぁ

行って来い

現実の世界への戻りは辛いだろうが
皆 励んでくれ

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・パーティの後の静けさ・

皆が帰ってしまった後の寂しさはしんとして辛い

今日はしかしそんなことも言っていられないので

絵画をアップしましたので

ご覧下さい

解説は後ほど

今は出かける

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・やっぱり・

おはよう

この間のゲームの代打で本日 公開

今日は 雨でもやるといっていたけれど
雨は降っていないので良かった

そんな事で お兄の中では終わっているらしいけれど
いいんだよね

樂は見に行くからねぇ

まぁ絶対にお兄も行くのだろうけれど

昨日はお友達 マルサの女の子が来てくれて
楽しかったです

有難う

その女の子と あの アルゼンチン人のロベと
来月 何故かお見合いパーティ



樂 ちゃんとお相手の方 いるのに

ことわりを入れておかないとね
樂には・晃・だけです

ロベのお付き合いなの

一緒に見に来てって

ロベは四十七歳

ぎりでした

二十八から四十八までだったから

江ノ島でやるんだって

来月のイベントなので
お楽しみに

ふふ

報告 を お待ちあれ

潜入 開始 ですわ

あっちにも こっちにも 楽しい

女の子のお金の方が安くてびっくり

楽しみだなぁ

ロベが払ってくれるって言うから

ロベは本当に結婚したいらしいのと
自分のお店でやりたいらしいよ

イベントを組むからって

占いもお願い されちゃった

いいよって言っておいたけれど

そんな事で

皆様 今日も 一日 励んでね

ファイトファイト ですっ

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・朝の雲・

立ち込める雲は厚く

それは悲しみの暗雲

痛みは無く
ただ 虚無が広がるばかり

あの雲を引き裂いて

全ての光を手にしたい
何もかもをこの手の中に収め

愛する事を捨てず

痛みを抱え
苦しみと涙の中に

心を押し込めよう

全て 何もかも

欲しい物を欲しいと言って何がいけない

欲しい物を全て手に入れて

何がその手の中に残るのだろう

心の臓の鼓動が聞こえる
脈打つ血の流れが耳の奥から

どくどくと流れ出るかのようだ

それは愛する感情に似ている

深く深く
強く強く

想う気持ちは

流れる傷口と同じものだ

愛してる
愛されたい

愛して
愛される事

痛み
哀しみ

喜び
切なさ

一つ一つが
小さな棘の様に

心を刺す

何が欲しいのだろう

何も欲しくないのか・・・

ただ 一つ

欲しい者

それは

悲しみの王

たった一人

孤独の王様

心は果て
辛く痛く

傷付き
体は朽ちて行く

それを見ていられるのか

それをほおって置けるのか

今 行きます

王よ

玉座を護らねばならないから

その椅子を降りたら終わり

国は滅び

心は果て

やがて死がやってくる

そうならない為に

王の愛を手に入れよう

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・本日は曇り・

微妙な光で目が覚める
その淡い薄明かりは仄かに絵画を照らす

自然光で見る絵画がどれだけいいのか皆 あまり知らないだろう

美術館に行けば大抵は仄かな人口の明かりだから
無理もないのだが

昔の人は蝋燭の光だけで絵画を制作したりしていた
それをやってみた事はあるのだけれど

難解

どれだけ今の人間が光に道 溢れているか教えたい

エコの関係で夏の夜 八時から十時まで
蝋燭の明かりで暮らそうという

企画があって参加してみた

それはそれで楽しい

もともと 蝋燭で生活したり

絵画を書いたりしていたので

ああ それに手紙には 必ず
蝋印を押す事にしているしな

俺は実のところ究極のめんどくさがりで

その印が封書になっていれば
名前も住所も書かずに俺だと分かる

そう言う風にしている

ゴールドの印

だが この蝋を探すのが結構 苦労だったりする

最近は画材屋で売っているのだが
中々 これが又

・ゴールド・だけは売切れたりしている

これが何処かに売っているのが
発見した人は ご一報 下さい 藁

さて

新作 ・保たれる光・

これは何に見えただろうか?

まずはみんなの意見を書いてみよう

楽しかったので

葉っぱ 野菜 ひまわり 等など

野菜の意見はとても面白かった

あれは・樹木・それも春の新緑
絵画の中では 季節も行き来 出切るのが嬉しい

かなり小さい作品なので一時間 くらい
ペインティング・ナイフでの作成

葉はグリーンとイエロー 幹はオークル・バーント アンバー

縦十五 横十八くらい

葉書サイズより少し 大きいくらいだ

必ず 横からもしくは上から
風が吹いているのを意識して書くので

ざーーーーーーーっと 音が聞こえると思ってくれた人も
多いみたいだな

・保たれる光・

このタイトルは緑はこの地球になくてはならないもの
これが保たれていなければ人間達も生きることは出来なくなる

酸素が作られなくなるのだから

描いている中には当然 

自然保護の気持ちもある

昔は・W W F・にも参加していた

世界自然団体

動物園に行くとパンダのマークを見かけるだろう
あれだ

そんな想いを込めて書いた一品

どうぞご堪能 下さいませ

まだ 書いてはいないのだが
まぁ あそこに値段を載せたりするのは野暮だし

絵画はその人が払ってくれる額で
お譲りするのが本当の画商

でもそれだと 当然 シビアになれないので
画商がバックアップに付いてくれないとならないのだが



今 ある 一人の友人がカリフォルニアに自分の友人がいるらしく

君の絵画は外国の方が高く売れるねと

バックアップの人物を紹介してくれるかもしれない

色々と沢山の人達が

何も言わずとも考えてくれて
力を貸してくれようとする

それが自分のパワーリングだと
信じているので

ありがたく受け止めている

その代わり

いつも人と付き合う徹底してすることは

仁義・恩義で生きることだ

後は結構 豆なんだろうな

書くことが好きだから
相手の誕生日とかにカードを送ったりする

今年のクリスマスはかなりの人達にカードを送らなければならないだろう

それの時はオリジナルの自分で書いた絵画を送る事にしよう

そんな事で

又 明日辺りからに

一枚 凄く 満足の書けたものがあるので

打ち出す

その時にはお知らせいたします

欲しい方がいらっしゃいましたら
メールを頂ければ 幸いです

自分の家にとっておこうと思っているものもあるので
要 相談 にはなると思いますが

と言うのも秋には 何処かで個展を開催 するのを目標に
しています

ああ その 人脈も探さないとな

そうだロベに頼んでみよう

昨日 会いに行ったらリフォームはやっぱり
共にする事になったので

景色は書かせてもらえる

何故か樂が占いのイベントをやるらしいので
その時 こっそり行って

色々とみんなを楽しませよう

ロベはお見合いパーティみたいのもして見たいといっていて
面白いアルゼンチン人

大統領になりたいらしい

野望は大きく

俺は自分の中にある

夢をただひたすら突き進むだけ

自分の可能性を信じて
やりきるだけだ

昨日は決意を新たにする為に
・モスク・に行ってきた

代々木上原

熱かったがまぁなんとか生きて帰ってきた

それで最後にロベと打ち合わせ

美味く 仕事に ありつけそうだよ

さぁ みんな 日曜日を楽しんでくれ

・樛・   
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・おはよぉー・

そんなことで おはようございます

カウンターが初 二十越え

色々と秘密に活動していたので
このブログもあまり人には教えていませんでした

けれどこのお兄の絵画 活動の為に此処を使わない手はないということで

樂もアップは手伝えないので
お給仕で頑張っています

お兄は全然 活動しだすと
何も致しません

今も書きあがって 又 寝るといって
ウォッカのロックを煽って

寝てしまいました

みんなが分かり難かったみたいなので
お知らせだけはしておきなさいって

小さいのですが・リンク・の場所に

ギャラリーの文字がございます

そちらを・クリック・してギャラリーへは
移動 お願いします

本日 昨日 行っていた 

・保たれる光・を載せる 予定でございます

土曜日の暇潰しに

ブログ共々 見ていただければ幸いです

ファイト ファイト お兄です

樂 は 天気が 良いので

さんぽっ

気楽でいいものだっ

お兄が又 この 記事 読んで

後でこずかれるのだろうけれど



じゃ いってきまーす

どこへ行ったかは 又 お話

後でどっちにせよ合流して スケッチに付き合わされるでしょう

では では

またねん

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・朝から絵画作成・

そんな事で今日の分はギャラリーで公開した時に
話をしよう

タイトルだけ ・保たれる光・

もっともっと 大きな絵画を作成したい

本当にロベが壁に絵画を書かせてくれるといいな

心待ちにしていよう

強く望む気持ちは必ず叶うのだという
言い伝えのような話を信じて

自分の力を信じるしかないのだと

駄目だと思ったら

川の流れに身を任せる

いつもいつも逆流していたのでは疲れるからな

そんな事で

天気がいいのか悪いのか・・・

さっさとあやふやな天気にピリオドを付けて欲しい

では

行ってらっしゃいだな

そろそろ

俺も 出かける

五時からの活動では今の時間は
もう既に全開



・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・今日は・

本当に良い天気だった

可愛い子のランチにはとりあえず顔を出す

まぁ 船に乗ってスケッチを描きたかったというが本音だが
ベイ・ブリッチの下に回れる事はないので

それはそれで

フォト・アートとして撮って見た

これがなかなか良い感じだった

フォト・アートのギャラリーも
出したいとは思っている

なんとかできればと思うのだが

まぁ色々と何でもかんでも

出来るわけではない

ランチは飲茶のランチだった

中々の味で美味しかったぞ

さて

少し 仕事をしよう

次々と絵画を書くのは構わないのだが

売れるれまでに一体 どれだけの人に会わなければならないのだろう

今日もランチの場所で名刺を配り歩く

美味く集客が増えれば

色々とやりようもあるのだがな

まぁ こうご期待

昼はブリュットのスパークリングと

陸に上がってからは
なんと桜木町のとこで新しく出来た

モールで新鮮 牡蠣があり

再びスパークリングと
牡蠣を頂いた

美味い三昧

・樛・
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

・おはよぉー・

今日は 晴れていい気持ち

でも 暑そう・・・

しくしく 暑いのは嫌いです

着々とお兄は仕事 してますね
良い事です

これで 闇に落ちないといいのに

絵画のギャラリーの方は
いちよ載せで悪いなぁって言っていた

でもみんなが絵画を見たがるから
仕方ないよねって

それなので 一様ね

バックとか色を変えたり

もう少し 字を増やしたりとか

ようは此処で日常を書いているからいいかなと

思っているみたいなのだけれど

とりあえず

お試しだね

半年ぐらいかかってここまで来たのだもの
後 半年かなとは言っていたよ

さてさて
私は本日 大工の娘さんとデートです

女の子はいいよね お洒落さんだし

楽しみです

久しぶりのおしゃべりだし

なんとお船に乗っちゃいます
横浜・ランチ・クルーズ

楽しみです

と言うことで 昨日はお友達の家で

ランチパーティ

貸切 笑

凄かったよ

お料理の数々

色んなのがあって

というか樂がシェフをしたんだけれど

子供さんたちには パスタ

大人たちには魚介のスープけいと
お肉のほう二種類 作りました

お肉には酢を入れて
少し夏らしく 夏の野菜たっぷり入れて煮込み

美味しかったです

さてさて

皆様 行ってらっしゃいのひとは 頑張って

主婦の皆様は のらりくらりと

またねっ

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・更新・

本日 三枚を絵画 更新します

薔薇のものは見てもらったのだけれど

その他の二つ

一枚

貝殻を張ってのコラージュ

コラージュとは絵画に色々な物を貼り付ける技法を言う
物は何でも構わない この方法で立体感を出し凹凸を持たせる

そんな訳で

タイトル・海面の呻き・

これは以外に小さく縦28横30くらい

昨日の朝 四時半に起きれたので書いたが
この筆のタッチでは油彩では駄目だと分かったので

急遽

アクリルに切り替えたので前に書いている

・草原の海原と新緑の囁き・

との連作にしてみた

同じ感じで貝殻を貼り付け

しかし

全然 違う絵画だな

これは海の中に咲く花をイメージしパステル・ピンクは桜
後は純粋に海面の風が吹いた状態で波を表現

しかし二層目にある解説がある

これも前の時と同様に三人の人物を現している

この三人の物語で少しの間 絵画を書いて見ている

此処では一人の男は深いダーク・ブルー
もう一人は爽やかなコンポーズ・ブルー

そしてパステル・ピンクは一人の女

ダークな方はその女を心底 支え 愛し
色々な事を手助けし

コンポーズの方は精神的な関係で女の心を束縛している

そんな中 女の心情は海の中に呻きとなって
漂っている

そんな情景だ

しかし この 解説を本当は入れなくて良いものだと思っている

絵画は見た者達が

何に見えたかで

決まる

それでいいと思う

さて

次の線の入っているのは

実は
連作物一番 大きな物で

二枚を切り離しして
縦に飾ったり

その日の気分で変えられる

・花の慕情 海底の心情・

これは大作だった 久しぶりの三時間かかって書いたもの

もうそれはそれは

大変で死にそうだな 藁

なんとか書き上げた感だった

まぁ

楽しんで見ていただければと思う

ロベにも もう一度 自分売り込みしに行かないとならんし

まったくもって

仕事 山済み

あーーーーーーー

ちきしょう

時間 足りね

失礼 いたした
しかし 俺も人間 叫びたい時もあります



ではみんな いってらっしゃいの人は傘を持った方がいいかもな

五時にこの貼り付け作業をしてくれている

・黒緑・のメールにて起こされた・・・

あーーーーー

まあ仕事しろって事だなと起きたけれど

さてさて

では

失礼

まだ更新は載せていない

二人での電話でのチェックが終わったら載せる

今日中にはアップ

ご覧あれ

・樛・
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

・こんばんわ・

只今 赤ワイン

美味しいよ

ギャラリーの方は 頑張って
お兄がもっともっと

綺麗なのを作っていくと思うので

のんびり構えていて

というわげで

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・朝から製作活動・

四時半には目が覚めたので

描ける時に書いておくのが仕事です

さて

昨日はまぁそれなりにふらり癖でまた
夕散歩

それで友人の店にお邪魔

洋服屋をやっていたはずの女の子がまぁ樂の友人だが
喫茶店けんバーをオープン

樂はいそいそと入っていってしまい
気乗りしないまま行ったが

カウンターにはぞろりと客が

しかも煙草

嫌だったので座り席でと

それにあまり人と話したくない時期に入ったというのに
あいつが連れまわすから

仕方がないので

しぶしぶカウンターの連中が去ってから

挨拶

綺麗なお姉さんには声をかけられたら
返事をするのは常識

でも すぐに帰ってしまった

しかし

その後にアルゼンチンのおじさんが
日本に来て二十年

自分でバーを経営

色々と仕事が欲しい話をしたら

まぁ美味しい話とチャンスは繰り広げられていたよ

一ヶ月に一回

アーティストのイベントとして絵を描けばいいと
チャンスをくれた

ここではロベと言っておこう

ロベはとても気さくで楽しい感じ
ラテンの血を受け継いで

景色を懸けるかといわれたので
風景画はやるよといったら

じゃあリニューアルの為に
決まったら

壁に絵を描けと

まさしくしたかった事だ・・・

ありえないチャンス

それよりも
沢山の人に出会えることが出来る

そのイベントが成功していけば

確実に実績活動に繋がる

本当に沢山の人々に感謝しなければならない

心からの感謝を

人が人を繋げる

人が人の心を護る

ならば何をすればいいのか

それはただひたすらに
自分の力を信じて

やるしかないのだ

どんな事をしても

どんな犠牲があっても

自分の生きたい道を捨てる事は出来なかった

自分を捨てる事は結局出来ない

何度も何度も

死にたいとそう思って

自分など価値のない存在なのだと
そう思って生きて

逃げて逃げてばかりいた

でも 漸く立ち上がった今を生きずして

どうやってこれから生きていくのだろう

一歩

まだ一歩しか前へ出ていない

スタートラインに立っただけだ

半年掛かってギャラリーを世に出せた

それも友人のお陰だ

そしてまた新たなチャンスをくれたのも

樂の大事な友人のお陰

そして俺は感覚だけで
生きていて

・運・と・人・を引き寄せる

強く願う事は必ず叶う

その引き寄せの法則と言うものが
本当だと言う事をいつも感じる

ずっとずっと壁に絵を描きたい

そう強く思い続けたら

ロベが壁をくれるという

何もかもが
次々とやってくる

この時を逃したら終わりだ

もう

全てが動き出してしまったのに

何もかもを

欲して

何もかもを

飲み込んで

・人・ ・大地・ その全てのパワーを吸い取って生きなければ

・命・の火を燃やそう

心の中にある魂を叩け

心の臓の音を聞くんだ

みんな生きている
みんな戦っている

だからこそ

何一つ聞き漏らさず
何一つ失わず

全ての心を持って

挑め

愛していると叫んで

お前達 みんなが欲しいと

全ての全人類の生きとし生ける者達に告げたい

言葉は魔物だが

言葉は人を繋ぐ

人が人を支えて

人が人を助けて

与えられ失われ
そして又 世界は動き出す

その波に飲み込まれてはいけない

悲しみは消えるか?
痛みは消えるのだろうか?

心にある 魂に

心の中にある 己に

聞いて見て欲しい

何をしたい?

何が欲しい?

今 

心から

全身全霊を持って欲しい物はなんだ

それを問いただして欲しいと思う

己の心に胸に手をあてて聞くと
聞こえる

欲しい物は

ただ ただ

誰もが哀しまない世界

誰もが痛みを持たない世界

寂しさも悲しさも切なさも

そんなものがない世界であればいい

その為に

描こう

どんなに辛くても
どんなに悲しくても

ただ ただ ひたすらに

書き続けたその先には

何かが必ず待っているのだと

そう信じて

愛していると

そう叫んで

みんなに

わかって欲しいんだ

人間は一人では生きられないのだということを

だから

愛する者を探す

だから

愛してくれる者を探す

その愛を信じれるか?
その愛を受け取れるか?

自分を愛してくれる者の愛は恐ろしい

それを失う事の痛みに耐えられないから

だから

その愛を受け止められる程の

信じる心を

取り戻さなくてはならないんだ

何も

何一つも

手に入らないなら

手に入れる

そう決めたんだ

欲張りだといわれても良い
傲慢だと言われても良い

人にどんな風に思われようと
構わない

構ってなどいられない

なりふり構わず

がむしゃらにいかなくては

もう

多分 限界はとうに超えている

精神状態はぼろぼろで

いつもいつも

涙が溢れ

遭いたいと叫ぶ

心から遭いたいのだと

愛してくれたらいいのに

もっと

もっと

俺だけを望んで

俺だけを求めて

何一つも

どんな揺るぎもなく

精神の世界だけで

絶対的な支配で

何も不安がらなくて良いんだよと

そう言ってあげたい

俺は絶対にお前の心を手放さないと

全身全霊を持って

お前を愛していると

そういいたいんだ

欲するものを手に入れる

貪欲に

それは恐怖だ

けれどその血肉を喰らいたい程の心は消えない

飢えと乾きは

いつまでも消えず

全てを

欲しがって

人の魂まで奪い去ろうとする瞬間が怖い

良く 人に言われる事は

それ程までに

どうして

入り込んで来るんだと・・・・

そうしたいからだと答えた

何もかも

全部を奪って

そして

己がいなくなったら

生きてはいけないのだと
そう思わせる

その瞬間がもっとも支配した時だとそう思えるから

洗脳 支配 束縛

そして

飢えは満たされるか?

心の悲しみは消えるか?

果てに行こう

何もかもを見定めて

ずっと
ずっと

遠い世界へ・・・・

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。