樛の杜

まがる・うねるの杜

・また曇り・

天気が安定しないな

まぁ 秋雨前線なのかもしれないが

疲れが溜まっていると 低気圧はもろ来る

桜の絵画のアップが出来ているのでご覧下さい
・黒緑・こくりょく ありがとう

友人がこのまま読んでいたらしく
・くろみどり・まぁ 間違いではないが

苦笑

ああ 今日 樂主催の秋のランチ会
久しぶりだから腕をふるってやろうと思っている

北国への帰還もあったので
ほぼ一ヵ月半ぶりなのか?

顔くらいは出そう

とうとう アテンダーの引越しが決まってしまったらしく
その前 段階の準備らしい

女の子と言うものはイベントが好きだよな

それは それで 良いのだが

楽しんでくれたらと思う

今日のメニューはなんだろう?

ピアニストはパンを焼いてきてくれるだろうか?

色々 頼んで何を頼んだか忘れる 笑

まぁ人数がそんなに いないので

何とかなるだろう

大人 だけだしな

・樛・
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・今日のエリアはまた 桜木町・

お国のアルバイトが終わり

マルサの女の子と もう一人を連れて
関内エリアまで お出掛け

楽しかったです

そして 夜は 少し 占い師の小手調べで
四人ほど迷える人達のアドバイスをタロットで

させていただきました

本格的に占い師ですか?

まぁでも どんな人でも悩みを抱えていると言う事が
分かりました

悲しい事も 苦しい事も

色々な 事が

人の 心の中に潜んでいて

それを 分かりやすく
言葉で伝えてあげられる事が出切るのが

タロットなのかもしれない

だけど 樂 パワーリングがあるから

人の悲しみも受けるので
四人しただけで結構 疲れます

精神力使うので

もっともっと クリアーな時にしないとね

では 疲れたので

おやすみなさい

・樂・
未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 |

・久しぶりの製作・

樂からの 依頼というより これもボランティアなんだが
友人の為に一枚 絵画をとの事

いつまでも いつまでも 桜の時期を越えて
出会える事を願い

・再会の桜・を進呈

昨日 言っていた ・決別の桜 紅の痛み・

これの 縮小版だが まったく違う物だな

なんだろう 背景の明るさだったのか
綺麗に書き上げすぎて

絵本の挿絵のようだ
まぁこれは これだな

久しぶりの絵画だったので これはこれで満足

出来る限り 早めにアップしたいと思う

さてしかし寒いな

どんどんと寒くなる・・・
まぁもうすぐ十月だ

早いと言う他ないな

色々と やっているのだが
四方八方 ぶち当たっている気がする

まぁ最初の三年はそんなものだろう

やる気の問題だ

出来る限りの自然を出来る限りの美しい情景を
一枚の絵画の中に収めて

この 地球の美しさを閉じ込められたらとそう思う

季節を 春の桜を 夏緑を 秋の紅葉を 冬の雪を

愛している全てのものを この手で書き続けられたらと
そう思っている

これは 本当に終わらない 

死ぬまで続くであろう絵画との戦いのような気がする

楽しみでならない

どんな 未来が待っているのか
どんな 人々に出会えるのか

素晴らしい世界を見たい

そう思っている

沢山の人達に出会って来て

沢山の人達と別れて来た

今度こそ 自分の好きな人達とは
別れないとそう誓って

手放さないのだと

もっともっと 貪欲に
もっともっと 激しく

感情を隠しながらも

情熱だけは失いたくないと そう思っている

それが 生きるということだからだ

それが 人に触れ合って

温かさをもらうという事だから

その 喜びを
その 楽しさを

決して 忘れない為に

みんな もっと もっと 人と 会話を

言葉で伝えられる全てを話して欲しいと

そう思う

愛している人には
愛しているとそう言って

ただ それだけで良いんだ

たった その一言で全てが変わるのだから・・・

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・雨続き・

雨が続くと 頭痛や体が疲れやすくなる

製作の活動は少し休憩して
今 イラストの依頼を受けている

それをやり終わったら
少し本格的に

決別の桜を 四枚綴りで書き上げたいと思う
右には幹を 左には藤の花を多めに

これが出来上がれば

圧巻だろう

やってみよう

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・光の中に・

あちこちで運動会がやっているのか

賑やかな音が聞こえます

元気な子供達はいいですね

未来に向けて育つ命をみんな大事にね

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・時折・

寒いし 嵐だな
疲れる

まったく ボランティアは 構わないのだが
人付き合いも多くなるので

大変だな

あーあ

まぁ 今日は雨なので朝からだれだれで・・・

この間 ピカソとジャクリーヌの話をしたが
今日はせっかくなので ゴッホとテオの話を・・・

ゴッホ 偉大なる画家となった彼だが
生前は一枚の絵を売るにも必死だった

酒飲みで性格は厳格
だが激情の元に生きた画家

彼の描きたかった世界は一枚の絵画の中に
映り行く景色を描きたかったとそういい続けた

色彩は暗く タッチも独特であったため

その当時の中では売れなかった

しかしそんな中 唯一 心からの理解者であった
親愛なる弟テオの存在はどれだけ彼を救う結果となっただろう

心からの痛み
心からの苦しみ

愛と情熱の画家ゴッホ

その言葉は本当に彼の為にあるものだと思う

痛みと哀しみは常に彼の心を捕らえたのではないかと思う

誰にも認められず

寂しさの中 絵画を書きたくともお金もなく

その全てが彼の周りを塞ぎ

いくては阻まれ 心は病む

彼は精神病を途中から抱えていた

テオはそんな兄の姿を見るのが辛く
何度も何度もあちこちの画廊やパトロンを探す為に

足げ良く通ったと聞く

その心もまた本当に献身的なのだろうと思う

愛する心の全てが人を救えるかと思う

俺を支えてくれる者達は誰だろうと考え
やはり友人や樂なのだとそう思う

テオは何度も何度も彼を救い
自分の力を信じ絵画を書き続けるその兄を

陰から支えたのだろう

ゴッホは何度もテオに手紙を書いている

悲しみや痛みを抱える
切ない想いも

生きると言う事がどんなに辛く

苦しいのかと言う事も・・・

生きる事は常に死を持っていると
そう彼も言っている

俺も考えが同じだ

ゴッホの生き様 生き方に自分は 本当に良く似ている

テオが手に入れば
そう思っていたら友人がその名をもって現れた

いつも 感謝している

テオは最後の最後まで兄を救おうとした

なのに彼はとうとう自らの命を絶ってしまった

悲しみに負けたのだろうか?
苦しみが彼の心を捕らえたのか?

テオへあてた最後の手紙の中には
沢山の言葉が降っていたそうだ

今までの絵画への情熱が冷めてしまったこと
どんなに書き続けても自分の中にある世界は終わらず

絶えず苦しみがあるという事

その全てが何もかもをもって
彼の命を奪った

その後 自分の記憶ではテオは生きていたと思っていたが

半年後 心療の為 この世を去っている・・・

愛する想いが深ければ
深いほど

己も責める

心にある魂が その灯火が
消えないからだ

一度 燃やした炎は消えない

今はゆらゆらと それが揺れているだけだ

だが それが大きな炎となるまで
やり続けたいと思う

素晴らしい人々

悲しき人も幸せな人も

どうかたった一人でいい 愛していると

そう言える者 者でなく物でもいい

情熱を・・・自分の命を削ってでもいいと思えるものに
出会えることを・・・

俺は絵画に携わり長い時を暮らした
そしてその世界にある

美しい色の世界が
この世の人達に少しでも見てもらえたらと

そう思う

華やかなものも
華やかでないものも

明と暗
光と闇

その全ては

人の

生と死

そう生きたゴッホ

彼の没後120年の 絵画展が来るぞ

みな 揃って見に行って欲しい

そこへ行けば彼の心の叫びが聞こえるはずだ

魂の篭った

素晴らしい誰もが絶賛し認めた絵画が

ただ 時代にあわないと 捨てられてしまった彼の悲しい絵画は

絶対的な存在で 今に生きる

その全てを見て心で肌で感じて欲しいと思う

死んでから一億五千万の取引があったひまわり・・・

そんな 値段をつけて欲しくはない

買った者がどれ程までに

彼の魂を知っているのだろう

俺はすぐになんにでも心を入り込ませれる
能力がある

古いトルコの寺院 アヤ・ソフィア

入ったとたんに
空気が変わる瞬間を肌で感じ取った

そしてあの ギョレメに見つめられ
懺悔をし威圧を受ける

それ程のトランス 気を失いかけて
何度も意識を保った

心の中にある苦しみも悩みも
全てが一瞬で消えた

偉大な物の中では自分の存在など無力でしかないと
そう思う一瞬

全ては心次第

皆も素晴らしい 体験をして欲しい

人生の舞台の主役は自分だ

決してその椅子から降りるな

降りてしまえば闇は絶対なる力で
心を蝕む

そうならない為に

今 必死で もがき苦しみながら
生きている

皆 

生きろ

・樛・
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

・疲れが取れません・

うーん・・・・

疲れが寝ても取れない
体バリバリだし

お国の仕事が大変すぎて疲れてきました

後 少しで終わるけれど
これが終わったら

自由のみだわ

ふふん

雨が降るとアウトなのが辛いです

まっ さくさく やりましょう

明日はお友達のカフェ・バーで知り合った
ダンサーの人が

川をバックに踊るらしいのだけれど
モダンダンス

一度も見ていないから

是非に見たいのだけれど
これまた 雨が 降るみたいで死にそう

ううーーー

雨は本当に嫌い

怖いから
雨音が嫌

そんな事で朝っては女友達のライブ
たて続いて楽しいです

土日は予定を先の先まで入れるから
そこで会える人にあっているのです

ああでもお兄がそんな中 イタリアン・バルの
店長さんの結婚式用に絵画を書いたり

お友達のお別れ会用のボードを書いたり

お金にならないけど幸せのお手伝いボランティアしている・・・

真面目な絵画は 帰って来てからまだ書いていないなぁ

一枚 絵画をアップしましたよ

皆さん ご覧下さいませ

今までとは違い 斬新です

トルコのギョレメを思い出されます

ではでは 樂もまた 仕事です

・樂・
・疲れが取れません・…の続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・さてはて・

眠いのだよ

何故こんなにも酷いのだ

桜木町 三連続 絵画は売れたし
イタリアン・カフェに飾ってもらう事は出来たが

どうかなと思う

まぁ ただ 飾ってもらうのが
いつか 花開く事を願うしかないのだ

暑い

しかし

九月なのになんだろう

樂はとうとう 占い師デビューするらしい

まったくもって何故あんなにも
いんちき商売が売れるのか分からん

まぁ

いい

今日は少し ばてていよう

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・暗闇の中の朝・

闇の中を彷徨っていても何も起こりはしない

次々と出会う人々は色々な物を運んで来てくれる

時には言葉であったり
時には優しさであったり

人の温かさに何度も触れ

そして 裏切りにもあう

だが 人間とは そんなものだろう

楽しみも 悲しみも

全てが訪れようとしている

だからこそ

楽しいと

だからこそ

嬉しいのだと悲しみや痛みを知らぬ者には
その反対の喜びを知る事は出来ない

辛かった日々が終わりを告げたわけではない

悲しかった日々が消えたわけでもない

ただそれを少し休んだだけだ

まだ その痛みは奥底にあるけれども

それを持って生きる事を嫌でなくしたこと

それだけなんだ

生きる事は辛く悲しい
けれどもそれと同じくらい

楽しい事も嬉しい事も

まだまだ 残っている

世界は明るいのだと

いつも 輝いているのだと そう告げたい

一瞬 一秒

時を無駄にしてはいけない・・・・

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・お疲れ様・

連休二日目 いかがお過ごしですか?

なかなか 大変なんだけれど
疲れは取れないかなぁ

桜木町で絵画は 無事に売れました

まだまだ だって 言っていたけれど
シルク博物館の方で葉書を置いてくれて

樂まで仕事 拾って来ちゃった

小物を作ったら置いてくれるって

でも今 本当に忙しくてお針している暇がないから

気晴らしにしたら言いのだろうけれど
まぁ おいおいね

後は イタリアン・レストランのとこに

絵画 飾ってくれたけれど

どうかなぁ

うーん まぁ あそこの人達は調子が良いから
分からないけれど うまくいったら良いなと思います

ではでは

今度は 別のお仕事をしに また 出てきます

そのうち 倒れないようしなくっちゃ

・樂・
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

・ピカソとジャクリーヌ・

本日は少し真面目話を

樂から話しといて言われたので
話題ふりをしたなら自分で話せなのだが・・・

まぁいい

ピカソの 死を 見送る事になった ジャクリーヌ

有名彼女の名を知る者は何人いるのだろう?

俺はこの名を記憶していたが
彼女の生涯があんな風にして幕を閉じたとは思っていなかった

愛する二人の生活を少し つづりたいと思う

ピカソはもっとも恵まれた画家のうちの一人だったかもしれない

ただ 彼はスペインからの亡命により
製作活動を続けられた

その国を出なければならなかった痛みは 俺にも良く分かる
同じ様な身の上だからな

辛く悲しい毎日が続いた事だろう

彼には生涯 三人の大事な女達がいた

最後の女であったジャクリーヌ

彼と彼女の生活を撮り続けた写真家

その目から見た 二人を撮りそしてそれに
文を付けていた

その文章 書き方を訳した人が良かったのだろうな
すっと その世界へ入っていけた

俺もあれ程の誘いが出来れば良いが・・・

ピカソは誰もが知る通り 九十を超えれた画家である

ジャクリーヌとの年の差は はっきりとは忘れたが
二十近くはあったかも知れない

そんな中 彼等は二人きりの世界で晩年を過ごした

邸宅はアトリエであり
彼等の大事な人達が尋ねてくる場所であって

多くの者が訪れたと書いてあった

時にはピカソの崇拝者達が・・・しかし彼がアトリエにいると伝えると

誰も決して騒ぐ事をせず
満足げに帰っていったと・・・

ピカソは絵画で有名だが
彼はもう一つ 工芸 皿を作ったり

壷をつくったりと 本当にありとあらゆるものに
通じていた

彼の作品はいたるところに置かれ
常に足場がないような状況で

食事は必ずといって良いほど台所であった

それでも二人はとても幸せそうに食事をしていた

写真家である彼の相棒であったダックスフンド
二人の所を訪れ 共に迎え入れられた

唯一の客となり
彼等二人を喜ばせていた

その 犬でさえ 家の中を歩く時は気を付けていたと
書いてあったのが微笑ましい

二人の目には常に二人だけが映り
ピカソはいつも安心して制作活動が出来たと記されていた

羨ましい限りである

芸術家には常に愛する者は絶対に必要である
何故ならその感情が原動力となるからだ

美しい絵画を描く時も思い入れがあればあるだけ

素晴らしい絵画が描ける

それと同じだろう

彼の台詞の中で 心に響いたのは

ピカソがあまりにもジャクリーヌを愛しげにみつめるので

彼の目は鏡であった その中には常にもっとも愛する者だけが映っていたと・・・

ジャクリーヌはピカソのマネージメントを全て手がけていた
彼が食事にっ行っても物を買っても

お金を出した所を一度も見たことがないと

彼女は魔法が使えたのではと思う程に
それを難なくこなしていたと

ピカソの全ての管理をしていたのだ

お風呂に入る ピカソ
食事をするピカソ

時には孫と遊ぶ おじいいちゃんの 顔をしたピカソ

全てがその中に

しかし いつもジャクリーヌの目にもまた
ピカソだけが映し出されていた

製作をするピカソを見守るジャクリーヌ
彼の手に愛しげに触れて微笑む彼女の手にもまた

彼の手が優しく重ねられていた

本当に微笑ましくも美しい写真ばかりだった

ピカソとジャクリーヌ 本当にこのタイトルなので
機会があり そして 彼等の二人の

愛する姿を目にしたいのなら
図書館で見かけたので

探してもらえたら光栄だ

沢山の二人の見詰め合う姿が描かれていた

だが 彼が死を向かえてからの

ジャクリーヌの姿は本当に全ての世界の色が
消えてしまったようだった

何もかもを失ってしまった者の悲しみは痛く
心に押し入ってきて

涙を堪えながら

絶えているそ姿を
何度も 皆は 見たくなく

彼女を訪れた

だが 彼女はその言葉を 皆 排除すると
誰も皆 彼女を訪れなかった

ただ 一人の女性を覗いては・・・

献身的に彼女の側に付き
そして 再び ダックスフンドの子犬をつれて

やって来た彼女は

果ててしまったジャクリーヌを救おうと
心から全ての愛で 勤めてくれた

ジャクリーヌも孤独と戦い

・ゲルニカ・の前に立つ彼女の姿が痛々しく

何一つも手に出来なくなってしまった
ピカソとの愛の日々をただ ただ 思い出し

心は果て 哀しみの呪縛から

解き放たれなかったのだろう

ピカソが亡くなってから

十三年後の朝
ピカソと暮らした

思いでの 家

そして その寝室でピストルは鳴り響き

彼女の命の炎は消えるのであった・・・

ピカソを支えた そして もっとも愛した女

・ジャクリーヌ・

その生涯の幕を閉じたのだった

どんな 悲しみだったのだろう

ピカソがなくなってからの十三年・・・

俺なら耐えられない
そんなにも 長い時を・・・

愛する者が死んでしまったら
一分 一秒も

その先をこの世に生きていたくはない

愛する者を失って
生きたジャクリーヌの日々は辛く悲しく

そして痛みばかりだっただろう

愛していた日々の思い出とその 美しい心を
捕らえ 何もかもが 手に入ればと

何度 帰りたいと そう思っただろう

俺は 常に前を向いて生きるよう 心がけているが

愛する人が亡くなった時点で
その思い出の中に戻りたいと 願うかもしれないと

そう考えた

二人の生涯を・・・

此処に記し 皆にもただ 一言 いいたい

そんな 深い愛を 見て

心から 愛する者を探し そして 出会って欲しいと
切に願う

全てを手に入れなくてもいい

愛する者を 探せ

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・おはよ・

漸く晴れたけれど
体が辛い

なんだか 昨日は雨で 体がかちこち

暑くなるのかしら
明日から 三連休 

みんな どこにお出掛け?
樂はお兄の取材に お付き合いで

桜木町 に お出掛け

今日はバイト

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・そんな事でやっぱり雨・

今日は雨降り

昨日は マルサの女の子とランチしていたの

彼女とバイトをする事にしました
こっちは 真面目なバイトよ

でも 樂は 知りたがりだから
面白いバイトもかけもちしています

今日は久しぶりにそっちのバイトに行くので
ちょっと楽しみ

さてさて

昨日はピアニストの子にも電話して

関東ランチ会をちょっとずつ開催中なので
相変わらず お家はサロンの様に使っていますから

凄い人達が遊びに来てくれるの

この間の女の子は凄い本当にゴージャスで
樂 とっても 幸せでした

その 女の子のお友達が言うには

綺麗な子と飲んだ方が楽しいでしょうという事だったの
確かにそれは そうかなって感じだよね

ふふっ

楽しかったわ

新しいニュー・フェイスの登場を増やそう

まだまだ 呼んであげたい人達がいるのだけれど
みんなも 生活があって忙しいから

仕方ないのだよね

お兄の活動が再開されたら

樂マネージメントしないといけないから

そっちもしなくちゃならないし

体が幾つあっても足りません

相変わらず お兄は睡眠 三時間で動いている

ピカソは本当はスペイン人だったのだけれど

彼等は眠らなくてもいいとか書いてあった
本当かしら?・・・・

ピカソを撮り続けた写真家が言うには
なんとピカソが瞬きをするのを 見たことがないと・・・

断った一度見たことがあるのはラッパを鳴らした時に驚いた
そして すぐに部屋に閉じこもったと・・・

ピカソとジャクリーヌより

この話は また おいおい

バイト

樂 魔女に変身しないと

いってきまーーーーーーーす

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・夜中は雨・

夜には雨が降って少し涼しくなっていたな
風もあったし・・・

段々と自分のもっとも望む季節がやってくる

冬のきんとした 空気が現れればそれは 俺がもっとも
望む時が来たという事だ

北国の雪はどれくらい降り注ぐのか?

今年は雪見をしに 帰りたいものだ

コメントをくれたテオありがとう

血液型の話だったので
少しばかりその話題を・・・

元来 四つの血液型があるが日本人は主にA型O型が主力だといわれている

それに伴いAB型は十人に一人

最近 回りに集まる血液型はB型

友人達の血液型を思い浮かべて欲しい
割と一塊の血液型が揃っていたりする

それは 自分が共にいて 居心地のいい 血液型らしい

最近はもっぱら B 多分あの ドライな感じとあっけらかんとしたまでの
さっぱり感が自分に合うのだろう

しかし 人格の読み取りの一つの手助けみたいものにはなるが
四つの血だけで事を終わらせられてはなとも思う

けれどまぁ 自分の血液型がAB型だと
厄介ではある

とりあえず常に人格形成として二人の人間が己の中にいて
戦っている気がする

そしてそれを傍観する更なるどちらの血も持つ者が存在している

色々に戦いが裁決を下されたりする時に
その人物が出てくる

何もかもを 考える事を止めたいと
そう思ったりも切実に願う時がある

常に頭の中には声が聞こえて

人込みに行くと人の思念の渦が撒き散らかされ
心に入り込んでくる 人の想いが怖い

人物の写真集など特に駄目だな・・・

自分的解釈なのであまり気にせずさらりと読んでくれたら
俺的 分析

A型 利己的 協調性あり 気遣いが出来る 神経が細かい
繊細 なのに 此処だと思う時は決して自分の意見は曲げない

B型 自己中心的 行動力あり 明確 朗らか
即日実行が出来るタイプが多い しかし協調性に懸けるときがある

O型 協調性あり マスコット的キャラクター 明るい ポジティブ
行動力はあるが持続性がない わりと 鈍感

AB型 独創性あり 斬新 ネガティブ 協調性なし
多重人格 しかし 他者と違う見解の見方が出来る

こんな感じだろうか?

当てはまる 項目はあっただろうか?

才なるものを持ってして 色々な 事が出来 芸術家に多いのは
やはり AB型なのかもしれない

割と職人などには 意外とO型が多かったりする
大工の友人がいるが そうだな

B型はIT企業向きか・・・

A型は看護士 福祉など 精神がやはり 人の為にというのが
強いようだが

まぁ みんな 参考になるかは

分からないが血液型話

占い方面は樂が 担当なので

あいつ そういや 占いイベントとかやって 金儲けするらしい・・・

まったく 占いなんて いんちき商法の一番だと思うが

しかし タロットは良くあたるので
なんともだがな

あんなものは気持ちの持ちようなんだが

まぁ良い

好きにさせておこう

では みな 行ってらっしゃい

今日も無事に乗り越えよう

・樛・
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

・今日は・

関東ランチ会 二回目

楽しいですわ

料理 しまくり

結構 お料理しないでいる方がストレスたまるかも
でも 今日はちょっと 疲れたのか

また いつもの偏頭痛が出ています

でも 今日のお友達はゴージャスでした

凄い綺麗な子はいいですね

明日は 沢山 書きますよ

今日はご勘弁を

皆様 おやすみなさい

ちゅっ

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・さてと・

週明け月曜日だな・・・

暑いしかし むわっとした感がこちらに帰って来た気になる
ハワイは湿度がないので暑くても爽やかだな

いつもの様に早起きコースで
朝 散歩で ハワイの街が起き出すのを見に行ったら

パーム・ツリーの間に凄い細い月が綺麗だったりして
あの月は日本でも見れると思うと

友人達の事を思い出したりしたな・・・

空や海を目にするといつもそんな事を考えている

美しい青い空と白い雲は海に体を浮かべていると
視界に入りきらないくらい

広がっていて

素晴らしい景色の中に色々な考えが
浮かんでは消えて

何から何までを愛しく思う瞬間だ

夏の限定は水遊びだけはしたいので
その他のキャンプや山登りはお断りしている・・・

山が嫌いなわけではないのだけれど

コテージとかに泊まって過ごすならいいが・・・

寝付きがとても悪いので
キャンプは辛い・・・

知らなかったがAB型は他の血液型に比べ睡眠を沢山
とらないといけない血族だとか・・・

まぁ血が薄いし十人に一人の確率しかいないようだし

希少価値なのに 扱いはぞんざいな気がする

皆と違う感性

弾かれるのが世の常か・・・・

まぁ もう それにもいい加減 慣れたがな

さて 週の始まりの月曜日

気合を入れて 仕事の連中は頑張ってくれ

なんか 昨日 一拍手に感謝を述べたら

本日は二拍手だったな・・・

ありがとう

とにかく 嬉しいものだ

さて いってらっしゃいの人間達は 行って来い

俺も今日は近場でスケッチだな
パステルが手に入ったので

・樛・
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

・おはようなのです・

ハワイとても素敵でしたよ
綺麗な海とハワイアン

窓を開けていると夜にはシンガー達の歌声が綺麗で
波の音と共に漂っていました

寝る前にはサラ・ブライトマンを懸けて
ベランダでハワイの夜景を見ながら

ワインを飲みお友達にお手紙を書いたりしてまったり

今回は三回目だったから

本当に休暇に行った感じ

幸せな花嫁さんはいつ見ても可愛いし綺麗だから・・・

本当にほんわかした気持ちになりました

ハナウマ湾という 国立公園にも行ってきたのですけれど

凄い熱帯魚達が普通に泳いでいるのが見れるところでした

可愛いし綺麗な魚達

でも樂は意外と海は怖いので誰かと一緒でなければ
入れません

大きな魚も沢山 いました
触れそうで触れない距離感がありがたいです

亀と一緒に 泳いだのも初めてだったけれど
地球は暖かいのねと言う気持ちになりました

ショッピングも少しだけ

黒いナイティ・ドレスを買いましたけれど
かなりのエロティクぶりに

お兄は呆れていましたけれど・・・

後はやっぱりアラビアンチックなドレスを一枚と
グリーンの可愛いサンドレス

後は文字の絵画
ハワイのドルフィンや景色を名前に一文字

ずつ入れて書くというスタイルがあって
それをオーダーして思い出の品で持って帰って来ました

額に入れて飾らないと・・・

アクセサリーは今回買わずに
相変わらずポストカード達を買い占めてました

とっても綺麗な熱帯魚の絵画のがあり
満足です

お小遣いも少なかったので結構 厳選して買ったから
今回はあまり無駄使いなかったですよ

いつも あっ これ可愛いとかで買ってしまうタイプなので・・・

ふふっ

楽しみました

海も空も綺麗だし

バニアンツリーがいつもの様に美しく大地に根付いていて・・・
この子の写真をアップしたいのだけれど

書いた絵画があるから

お兄に載せてもらいましょう

ではでは 日曜日のまったりを
お楽しみあれ

ああ 一拍手 いつも 下さっている方

どうもありがとう



嬉しいです

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・さて帰国・

帰りの方が時間的にも長いので死にそうだったな・・・

じっとしているのが苦手なので

ストレッチをしたり映画を見たりと
後はスケッチをしたりかな・・・

さてさてハワイ楽しんで満喫してきた

最終日と前の日はビーチで泳いだので
亀に遭遇

普通に泳いでいるので

それはそれで凄い体験だった
真下を亀が泳ぐのに合わせて共にゆらゆらと追いかけるのは

至極 簡単なのだけれど
海の深い所は

何故か霊感能力なのか・・・
危険を察知する感なのか

あまりぞわっと背中のざわめく所には行かないようしているので

それなりに楽しんで上がってきた

夜は二回ほど海の音を聞きながら
バーカウンターで飲んできたし

まぁ酒は変わらず飲んでたな

最後の方になると料理に飽きる

自分で作った方がうまいと思うからかもな

後は日本食が恋しくなるタイプでもあるので

というよりライスか・・・

タイ米の様な細い米なので

日本のもったちりとした米が食べたくなる

まあ兎にも角にも無事に帰国

関東はまだまだ暑いな・・・

絵画も沢山 スケッチしてきたので

ハワイの項目を作ってギャラリーに載せ様と思う

ではでは 帰国報告まで

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ハワイ

無事に着いた

海が物凄く 青く 綺麗で 今日の予定は泳ぎ

後 二日

楽しんで帰ろう

しかし そろそろ 帰りたいがな

ではでは

短いが お知らせ迄

黒緑 更新 ありがとう


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・出発・

では本日の予定を十一時にバス

昼過ぎの便で成田

夜 七時過ぎに 日本離脱

出発時間を間違えるというトルコの 馬鹿な話にならんよう

話にならないからな

行ったのに 挙式に出られなければ

用意があるというのに

皆に挨拶を

・黒緑・が 最新の素晴らしい今までの総体性

・決別の桜 紅の痛み・

そのアップ作業を依頼しておいた

ギャラリーのトップ画面を入れ替える
来週帰ってくるまでにはとの約束 頼む

沢山の人達に前半戦のお礼を

有難う みんながいたので生きてこれた

これから 後半 下期の始まりのようだな

己を失わず

己の新年の為 そして 野望を果たす

これからはどんな事があっても

何をしても

前だけを向いて

・生きる・ただそれだけだ

潔く 誠心誠意 人には常に優しく

美しく ・死・を迎えれるように

今を生きる

行ってくる 出発だ

しばしの別れ

とはいってもあちらで 繋げれたらハワイ情報を

では  みんなも健康に気を付けて

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・あづいですぅ・

あつい のよっ

まが開いてしまいますの あ つ いっーーーーーーーー

関東の方 関西の方には悪いのですけれど

でも熱い事には変わりませんわ

気温差があると
ついつい扇風機で寝てしまいますので

熱くて 駄目だめ・・・

喉が 少し やられているかもです

そういうことで

何かって 樂も ご挨拶

皆様 行って参ります

お兄はしぶしぶだけれど

樂は 楽しみです

南の島は変わったかしら?

ハワイは三回目

ネイルをしたり色々と準備がありますの

何しろ熱いから 一度 シャワーを浴びた方がいいかしらね

そして 夜は 早く寝ましょう

飛行機の中は 絶対と言って良いほど
眠れないか 寝ても 悪夢をみるかのどちらかです

飛行機 怖いです

あの轟音が・・・

なので大抵 Ipodのお世話になります

なんだか インストールに失敗していて

困っているけれど 

帰ったら やり直しかな・・・

あー

お兄が忙しいと そういうこともしてもらえなくて 困る

今は 絵画の 梱包でばりばり やっていて
声 掛けたら 睨まれた

こわや こわや 

ふんふんです

さて

ほんとに シャワー・タイム

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・明日 日本離脱・

そんな事で先週の土曜からやたら暑かった北海道も残り二日
 
心療もしながらもバリバリと絵画制作励んだので
中々の良い感じだ

パステル画 色鉛筆 白黒ボールペンのスケッチ多数

札幌の風景を一挙公開できるよう

今朝・黒緑・と打ち合わせをした

なのでハワイから帰国後は一週間に一度のペースで
アップの努力をしたいと思う

そんな訳でランチタイム

又 後ほど

暑い・・・

関東はもっと暑いらしい・・・

帰りたくないが帰る

やる事 山済みだしな

いい加減に 皆に忘れられない内に帰らんと 苦笑

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・朝から・

何故か かっ飛ばして
二時間もぶっ通し 色鉛筆と 格闘していた・・・・

まぁ お陰でいい絵画が描けましたが

しっかし

疲れる 集中の こと切れは三時間なんだが

色鉛筆は筆圧が掛かるので
その分 死にそうになるな・・・

描き方が薄く描かないからだ

さてさてアップが滞っていますが
暫しお待ちを・・・

そんな事で 札幌滞在も後 今を入れて三日

三日の昼前には家を出て 昼過ぎには離脱

その後は成田発 夜

良く四日の午前中 ハワイ入り

なんか 芸能人の様なスケジュールだな・・・・

まったくもって

なんだって この 忙しいのにハワイ・・・

あー 南の海を描いてこよう

そんな事で持って行く画材はやはり便利な色鉛筆
それからいちようアクリルガッシュも・・・

水で溶かすと水彩の様に使えるので

開き時間は何枚かは書いてこよう

エリア 神奈川に帰ったら
又 みんなと 旅話だ

さて そちら方面の方々

待っていてくれる人も 待っていてくれない人も

何はともわれ充電完了

アップして 帰るぞ

再びグレードあげあげで・・・

なんとか 充電が十一月まで持ってくれれば

後は俺のもっとも活動期の冬が来る

そうしたらこっちのもんだな

では みんな そんな訳で
友人一同 又 よろしく

いつも読んでくれているらしい

マルサの女 ピアニスト 最近登場のおでん屋の女将


アテンダーは空を飛んでいるかな?・・・

一度 彼女の乗っている便にこっそり潜入したいものだが

嫌がるだろうなー


でも その 驚いた顔を見て見たいが

わりと ポーカーフェイスでさらりと 接客されそうだ 苦笑

まっ 帰ったら とにかく

一度 集合だな

秋の第一弾 土産話 暴露大会 

ホーム・パーティ開催

噂 ばら撒いといてくれ

読んだ そこの友人 一・二・三
誰でもいいので 笑

まっ よろしく

さて 本日はエステだと

樂も良く 動く 俺はその回りにある
風景画だな

まだまだ 九月に入ったが残暑厳しいので
体調 気を付けて

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |