樛の杜

まがる・うねるの杜

・報告・

タイムアタック 成功だった
って自分のおかげではないが

毎回 毎回 みんなありがとう

東京までの旅 すぽんっと行ってこれた

そして皇居の横の美術館
近代だけあって シンプルで

古めかしい感じだったが
いい雰囲気

雨だったのもあり イメージは
しっとりした感じ

ジャクソン・ポロック
アメリカの近代画家 抽象画

有名なコレクターに目染められ
一夜で有名になった

アメリカン・ドリームの一人
アルコール依存との戦いで

精神科にかかりながらの製作
けれどもまた その医師達もコレクションしてくれたりと

色々と運も兼ね備えた人だったんだな

床にキャンパスを置いて
絵の具をたっぷりつけた 筆を

だらだらと 垂らしながら描く
ドローイングも先に 手がけていた

なかなか 本当に細かい
線ばかりの絵画かと思いきや

かなり 精神を描いたのではと言う
ぐっと 魂を持っていかれるようなのもあり

そしてかなりお勉強になったのも
事実そのうち 水彩で

ちょっと実践したい
昔に色々と手がけたことがある中の

一つの技法だったので
試してみれるな

まぁ もとより 広いとこが
手に入るなら やりたかったうちの一つ

ペンキに絵の具を付けて

たたきつけるように描きなぐる
それが楽しい きっと 音楽を聴きながら

ぶっ飛ぶ 世界

彼も言っていたけれど 別の世界の中に入る
肉体はそこには存在しないと

やっぱり同じ なんだと思った
抽象画家達は 精神世界を

色で表現するから
ほんとに そんな感じ

彼の名言で

「ピカソが あいつが全部 やっちまった」

その言葉はまさにしかもその通りで
巨匠を目標にして 壁に当たり

色々 悩んだみたいだ

分かる 分かる 俺の中にも
沢山の 師が いる

ピカソ ゴッホ ルノワール モネ

そして名もなき 好きな絵を書く人達

四十四歳の若さで亡くなった
車の事故で 飲酒運転だった

彼の中にあった 混沌とカオスが
色々とまだ 自分の中に入り

出て行くまで

少し 自問自答かなとか

ゴールデン・ウィーク 始まりまったな
皆 楽しんで

・樛・
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・てなことで・

なんとしてでも行きたかった展覧会
どうにも三人での日にちがあわず

後は自分の病気で・・・

申し訳ないけれどこれだけは
勉強でどうにか見ておきたかったので

同じ 抽象としては・・・
作者はやっと 脚光を浴びてきた頃に亡くなってしまって

と言うわけで 行ってくる
相変わらずの タイム・アタック

二時には 住んでいる場所にバックです

となると いつも八時前に出ないと・・・

今日もそんなわけで
もう出る

なのに ブログ 笑

行けて良かった

東京までの旅 出発

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・雨の日は憂鬱・

色々と大変な雨・・・

役員決めも 終わって取り合えず
無罪放免って なんにも悪い事はしていないけれども

まぁ 色々とあった一年でした

みんなに嘘だーって必ず言われるけれど
人間に関わり過ぎるからこそ

人間と触れ合うと 疲れる
多分 関わり方が 

人より入り過ぎてしまうからだろうけれども
そうならない様に接するのは

自分の性格上 無理だし

ほどほどと言う言葉を知らない・・・

だから 体の方から警告を受ける羽目になりますのんっ
何度もやったら いい加減に

直すように努力をしてと心に思うのだけれど

それはそれで樂ではないみたいで
居心地が悪いの・・・

まったく 困ったものですよ
いい加減 自分を好きになれればいいのですけれど

人が嫌いなわけではないのだろうけれど
あんまり 人間の言葉ばかりを

聞いていると・・・ 疲れるのは事実です
色々と 息をうまくするコツを

今更になって つかんだ訳ですが
息を抜く方法かな

絵を描いたり 気晴らしをしたり
猫みたいに 生活する事

でもそうすると 自由人すぎるとか言われたり・・・
苦笑 でも やめたら辛いしの繰り返し

まっ 人生そんな感じどしようか?
クエスチョンがついちゃう?

だから 樂は楽らしくを
やめない事にしました

好きになってくれる人達としか
付き合わないのも 自分防御だし

人には常に 献身的にあるけれど
自分が元気でないと それも出来ないわけだしね

さてさて スタートがかなりたらりんですが
参りますか・・・

一週間ぶりの 別世界旅行
今日は水彩 お兄には負けていられませんっ 

何をだって 言われそうだけれども
樂は樂で 水彩 上手くなりたいもんっ

と言うわけで 講師は・樛・お兄は
あんまり教え上手ではない気がする

感覚でとか 感情でとか びみょーーっ笑

それで描けたら みんな描けるよっ

花は花 とかくのは好き
でも たしかに同じ血は流れているから

太陽が赤いだけじゃなくていいし
月が白いだけではないのは知っているから

紅の月は怖いし・・・ぶるぶるですよっ

たまに夕方 すっごい巨大な太陽が夕日になり
反対からは満月の紅の月が出る夜は

鬼門が開きそうです 苦笑

でもFBIの捜査でも 満月に犯罪が多い話は
聞きましたねー 

昔 ファッション業界で販売をしていた時に
店長のお客様が すごーい 買って行く方がいたのですが

旦那様がFBIでした 笑

NASAの彼氏のいる 友人も最近会いましたね 苦笑
世界は狭いのですよっ

さーて たらんたらんと
まいりまーす 雨の憂鬱を楽しく過ごさないと

落ちてしまうから 真っ黒い穴に

怖いこわいーーーーっのは嫌いですぅ

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・風の中に・

過ぎ行く春を見送りながら
初夏が駆け足でやって来る

さよなら さよなら
そう告げて 桜の花びらは舞い落ちる

風の中に 草の香りがして
新芽が囁き 揺れて煌く

光にあたれば 唄を奏で
光にあたれば 合唱を繰り返す

夏が来るよ

夏が来るよ

緩やかな山並みに

色が並ぶ 鶯色 薄緑 
緑 深緑 そう変わった時

真夏の世界が幕を開ける

今が一番 心地よい

風の中に 春の別れが残り
まだ 初夏の緑達は 囁きと笑い声を残すだけ

行くよ 行こうかな
もう少し 待とうかな

それとも 一気に駆け抜けてしまおうか

そんな遊び心で 彼等はやって来る

雨は降り注ぎ 大地に溶け込み
より 多くの緑達に

目覚めだよ そろそろだよ

そう何度も 告げて 
起こしてあげる

でも もう少し 待っていて

今のこの余韻を楽しむまで・・・

春から夏への 唄の変わり目

囁きを聞いてて
緑達の騒めきは いつも風の中に

きらきら 太陽の力と
ぽたぽた 雨の力と

全てを貰って

大地からの 大いなる力の中に

母大樹は伸び そして 周りには
沢山の いざ並ぶ 木々達

沢山 沢山 集まった
山並みは 美しい

唄を聴こう 耳を澄まして

彼等の 美しい唄を

朝日と共に 見る姿は金色
夕日と共に 見る姿は黄金色

大事な一日 

地球の息吹を 常に聞こう

全ての世界の時間は
常に平等なのだから・・・

季節も 流れる
時間も 流れる

やってくる 真夏の狂気まで

今はもう少し 時を緩やかに・・・

緑達よ ゆっくり ゆっくり
おいで

急がないで いいよ

美しい お前達を もう少し
眺めていたいから・・・

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・夏日・

明日からはまた ちょっと役員の仕事復活です

引継ぎ作業をしてしまったら
本当に開放されるので

まぁ ちょっとだけ お手伝いを頼まれたけれど
今年は体 メンテナンスに入りましょうーっ

晴れているし 後でお散歩行ってこようかな
早足を心がけています

何でもかんでも 本当はきちんと
やらないとならないのよね

今年はお兄と一緒に健康をっ
長続きさせるには 意識しながら

きちんとです スイッチがいい加減 入ったので
しっかりとやろうかと思っています

さーて 楽しみです これはこれで
苦痛と思いながら やってしまっては続かないので

午前中は少し まったりしていたので
今から始動開始 今日は夏日だとか

まだ こなくていい夏・・・

困ったものです 初夏だけなら好き

特に 今の緑達は最高っー
山に行きたい ぽわぽわを見に 新芽大好きですっ

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・結果発表・

検査結果 発表

脂肪肝でした ようするに
かなりのお酒の飲み過ぎ

まぁ びっちり 二年飲んだので
そろそろ かなぁ なんて思いながらも

飲んでいる方が悪いんだが・・・

とにかく 食事制限
酒はほどほど このほどほどが

微妙だけれど どれくらいか 
はっきり言ってほしいが・・・

ワイン 一日 一本は駄目なのだけは分かる
くらいか・・・

まぁ なんとか 無事だった

とにもかくにも 今年一番の
目標は体に気を付ける事になったわけだな

料理上手の腕をフルにいかして
作戦 開始

秋までには 体調を整え
油抜きを

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・ということで・

再検査なんだが
雨・・・ 面倒 と言うと樂にどやされそうだが

病院が好きな人はいないだろう
まったくもって大変・・・

あーあ  といいながら
たらんたらん 行ってこよう

何しろ 電車に乗って 
三駅くらいという この中途半端な

距離もとっても面倒の一つ
歩いて行けるなら

歩いて行けるのが
一番なのだが

あーあ かったるい

先週は痛みの為 
スケッチは病院の待ち時間に何枚か

書いたものは お世話になった
受付の可愛い女の子にあげてしまった

これもばれたら 樂が
きぃっーって なりそうか

しかし おとなしくしていることなど
性格上 できない

絵を描くことは 精神安定剤みたいもんだしな・・・

さて 行ってこよう

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・病院・

お腹風邪などではなかった 苦笑
だとは思ったが 火曜日の夕方から

さらに激痛 夜中も眠れない程に・・・

水曜日 観念して
総合病院へ・・・

結果 まぁ 今日も午後から
最終結果なんだが

まずは今は紹介状がないと
三千円も取る なんてぼったくり・・・

それでもいいですか?といわれ

案内の可愛い お姉さんに色々 症状を説明し
まずは総合内科がない 専門ばかりだと言われ・・・

消化器内科に回された
八時半に行き 待つことなんだろーくらいで

十時くらいに採血に行って下さいと
久しぶりに病院だった

採血の次は結果が出たけれど
肝臓の数値が異常なくらい高かった為

CT検査と心電図をと
造影剤もいれますねと言われたが

喘息の為 危険が増すらしくそれは免れて
結果待ち 再び

起きてもいられなかったので
ベッドを貸して貰い

そしたらそこで また受付の人と知り合いで・・・
あちこちに知り合いが というより顔が売れ過ぎ・・・苦笑

その後 あんまり痛いので
痛み止めの点滴・・・暫くぶりだ 点滴なんて

血管見えにくいですからと注意をしたら
看護士さん 悩んで 先生呼んでますっって はやっ

で 先生ようやく昼に顔見せ もう既に病院内で
五時間経過・・・ 声を聞いていたから

もしや女の先生って思っていたら
若っ まだ二十代の子ではってくらいだったな

けど きちんと 一回で点滴の針入れてくれた
でも採血の人は日に何百人とするから

流石に すっとだったけれど
しかも あざになってなかったし

でも先生のは やっぱ少し漏れてて
あおあざが・・・ 本当に血管 細いらしく

看護士泣かせらしい

そしてその時にCTの写真を見た限りでは
・結石・発見ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昔にも一度 やっていて
その時の方が激痛だったが

今回は痛みがだんだんと動めいて行く感じだったし
怪しいなぁとは思ったんだが

やっぱしそれかー しかも管に二個
かなり小さいらしいけれど

小さくたって血管を塞ぐから・・・同じだっ

痛みの原因は分かったけれど
此処は総合病院のいいとこであり

悪いところであり
泌尿器科に回される事になり・・・

本日 昼に再び・・・・

しかし 肝臓の値とそれは別物なので
また月曜日再検査 採血・・・

その数値が悪かったら
入院もありですとか・・・・・

飲み過ぎがたたったな
二年 びっちり飲んでたしな

まっ そろそろ 潮時とは思ったんだけれど

やれやれの一日
帰れたのはなんと四時半・・・

病院は大嫌いだーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・展覧会・

日展の応募が分かったが遅すぎた
今月の二十五・・・

間に合わないわけではないけれど
金銭の都合は間に合わない 苦笑

一回出すのに 額の貸し出しもしてくれるそうだが
なんと 三万 ぼったくりだな 苦笑

国立美術館でやるので
仕方ないと言えばそうだが

とにかく 絵画は絵の具代もそうだが
ただ 絵を見てもらうだけなのに

金がかかる制度が分からない・・・

路上で見せたらそれだけの品格と言われ
額に入っていて いい美術館でという

そういうのはどうなのか 
世の中はそうなっているのは

重々 承知だが 解せない
世知辛い世の中だよ まったく

まぁ なんとかしよう
それが現実だ

幸い 時間だけは数限りなくあるのだし
じっくり 腰をすえて

あせっては駄目だ

近所の喫茶店でも 個人的に飾って
個展をしてもいいと言ってくれているとこは

あるし 当然地域のだから
無料 それで どれだけ広まれれるかは

分からないけれど
まずは 見てもらわない事には

風景画の書き溜めを少し しよう

樹木 花 本当は動物とかが
いいのだろうけれどな

さて 作戦を考えないと 春も終わる

初夏までには 建て直しを

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・春の風邪・

春の風 ならぬ風邪
毎回 通る道で 大丈夫そうだと

思っていたら アウト・・・

お腹がじくじく 痛いこと何の・・・

流石に病院へ
また 今週は役員会 めじろおし

なので早目 手立て・・・

しくしく

立てない

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・土曜になると雨・

本当に土曜になると雨確率・・・
せっかくのラスト お花見

はらはらと 散ってしまうな・・・

まぁ 散り際が美しい桜
それにまた 来年という気持ちがするので

それはそれで 楽しみだから
短くも長い二週間 ありがとう

そして爽やかな 新緑がやってくるし

本当にこの季節は心が躍るので楽しい
色々と移り変わりの時期で

体は辛いのだけれど
鼻水もようやく 収まってきて

なんとかなりそうだ

既に気温的には 自分的には暑い

十八度がベスト
北国人間には 二十度は 暑いい気温だな

最近は大体 毎日 作成を出来ているので
それはそれで気分と 調子はいい

低気圧さえ来なければ 藁

昨日は贈答品用に 小さめのサイズで
杉の樹木を一本

アクリルや油彩が触れない時は
色鉛筆や水彩 パステルで紙と遊ぶ

スケッチも 怠っていると
すぐになまるので バレリーナ並みに

毎日 なにかしら書かないとならないな

バレリーナは一日 休むと
それを取り戻すのに 三日かかるそうだ

筋肉の問題だろうな

昨日 久しぶりにアクリルをやると
そんな事を 思い出す

怠けているわけではないが
範囲を広く 画材を使うので どうしても

間が あいたりする

今年は小さい物に 細かい 風景画を意識して
少し 書き溜めたいと思う

さて 雨の土曜 ゆっくりと
時を味わってくれ

・樛・

桃色 水色 白 黄色
楽しみです

やりだすと楽しいのだけれどねー

・椛那・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・春から夏へ・

ゆっくりと 体の全てが目覚める

大地の温もりを感じ 風の中に 土の匂いを感じ

手を広げ 丘に立つ

吹き上がる風が運ぶ

桜の花びらが

夏を呼ぶ

次は あなた達よ そう囁いて

光りは 強く 遠くから 緑達が訪れる

桜は 散りながら
また来年 またね そう言って

ひらひらと

散りながら 最後の大宴談 で

楽しそうに 嬉しそうに

初夏の風と話す

愛し合う様に・・・

囁いて また 逢いましょうと 手を伸ばす様に

花びらが舞う

愛しむ様に 夏がその手をとって

口づけを交わし

また 逢おう そう言って 見送る

薄紅色の 裾を 愛しげに眺めて

また そう告げたら

緑達は たちまち色を鮮やかに

鶯色から 淡い緑に そして より濃い 深緑の世界

柔らかいふわふわの緑達が 愛しい

抱きしめたくなりながら

丘で みなの姿を 眺める

母体樹は 皆を目にする

長く 長く
人を眺め 全ての季節は巡る

初夏の香りが したら

夏は駆け足で来るだろう

そして 真夏の狂気が始まり

緑達は 騒めき

人々は 常に 騒がしい

ゆっくりと秋が来るまで

緑達が 煌めく

初夏の騒めきが もうそこまで 迫るだろう

桜達に お礼を 述べて

またね そう 言おう

母体樹の下で

全てを目にして・・・

また 来年

ありがとうと伝えたい

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・花見・

今年は本当に花見三昧 一日から始まって
次の三つ池公園 近所の川桜

夜桜 散歩に 昨日は
近所の公園の 夜桜 晩御飯

お弁当のおかずなんて なんでも
いいさって言うわけではないけれど

ミニハンバーグを作りました 玉子焼き

何故なら急に夜桜を誘われたので
その場しのぎで

あとは ワインさえあれば ご機嫌 

友人とたわいのない話をして
楽しかったですのんっ

桜 その友人が言っていたけれど
満開は 卵白を泡立てた時みたく

ふわふわっーーーーの出来立て 

それが段々と しぼんで行く感じって
わかるわかるーの気分でした

お菓子が作るのが好きな人はそう思います
なるほど うまい例えだなと

今日の雨と風で
大分 散ってしまいそうですねー

まぁ 週末までもって散り桜を見て
今年はお終いですねー

楽しかった 桜 今年もありがとうです

すっごく好きか?と聞かれると
美しいものは美しいと思うだけって答えるかな

一番好きな 花は 紅の薔薇

触れるのも嬉しい

桜はあんまり綺麗で愛でる感じだし
木の低いとこに咲いている花には触るけれど

なんとなく 触れるのが おこがましい感じ
弱よわしいし 可憐だから

薔薇はひんやりした 花びらを
艶やかになでても 私に触るなんて

失礼ねって 高飛車な 声が聞こえてくるのが
好きです 笑

樹木の中では 桜が好きだけれど
幹を触る事は あるかな

まぁ そんなの嘘だーって言われる人には
嘘だから いいんだけれど

樹木とは お話しする時に
幹を触ります 語ると 語ってくれるので

花たちは 賑やかで 笑
おしゃべりさんが多いしね

植物のあの しっとりしたひんやり感が好き

芝生があると 大抵 裸足です
くさのちくちくも楽しいし 地べたのひんやりと

土の香りも

以外にネーチャーですの
土に近く 生きてきた 北国の人間だからかもです

木登りも大好きでした

さてさて スタートが遅いけれど
何しようかなー

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・花見・

定番は最近 毎週日曜日のお花見
と言う事で ちょっと遠出で

鶴見区 三つ池公園

此処は名の通り 三つの池があるから
笑ってしまったが

それはそれだな

まぁ単純明快の方がネーミングは
いいのだろう 覚えやすくて

お金のかけている公園なのか
凄い人だったのに関わらず

公園のトイレのトイレット・ペーパーもなくならず
ラストまで 笑

入ってすぐに チューリップやなんか
お花も花壇にきちんと植えられていた ふんだんに・・・

しかもとにかく 池の周りに埋められた
桜達の数の多さも凄いし

池と桜は定番だな
日本の公園 桜百選に選ばれているそうで

とっても凄いし 見ごたえあり
今は柳もとっても 綺麗な黄緑で

今 でる柳のあの瑞々しい色が好きだ

グリーンとピンクが合わないなんて
思っている人がいるけれど

パステル グリーンとピンクの
組み合わせは 絵でも良く描くが

凄く 好きだ

枝垂れ桜も三本あったが
その一本が凄い綺麗で 嬉しくなったな

絵かき三昧
お弁当も持って行って 日本酒を飲みながら

色鉛筆で 描き 楽しかった
久しぶりの公園満喫

人観察も忘れないで面白かった
なんとピザ屋さんの配達までいた びっくりだ

お昼から行ったけれど
土曜みたく 寒くはなくて

とても温かく いい感じだった 
まさに花見日和

夕方 風が吹いて来て 寒くなるまで
花を桜を堪能しました

今週 半ばが この様子だとピークだろうから
来週の 散り際の桜を見て

今年は終いだな
散り際まで 艶やかな桜は本当に楽しい

そして 一年にこんなにみんなに待たれる花も珍しい

皆様もお花見 楽しまれて下さい

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・宴・

宴が始まりましたねー
先週日曜日からやっていますので

金曜日と言う事もあり
ちょっと外食 お刺身を食べてきました

美味しかったー

日曜日は鶴見の方まで
お花見に行って来ます

お弁当の中身は 皆さんなんですか?
私は玉子焼きは定番です

からあげとウィンナー
サラダはべしゃっとなるので

だいたいいつも いもサラダとかがおおいかなー
でも明日は和食 お弁当なんで

煮物とかもいいかもです

ウィンナーに鶉の卵で
ちょっとおつまみ風なんてのもいいかな

桜を愛でながらがいいの
もう桜なんてなんなんだ くらいの

勢いで お酒だけ飲んだくれている
人達は 全然 だめだめです

桜の麓でちょっとだけお酒をのんで
器に花びらなんか入って

浮いたのを愛でながらがいいのです

こん時だけはお酒の量が少ないですね
夜とかに宴会するなら

ばりばりと するのです

というわけで 今から仕込み

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・春の使者・

宴が始まる 春を告げる使者達が

次々に目覚め

つくしは 囁き
水仙は 唄う

起きて 起きてと

桜を詠んで

花達は 待ち焦がれ
人間も 上を見上げる

菜の花 ふきのとうは笑い
たんぽぽは太陽を呼ぶ

さぁ 咲くよと 桜が話す

さぁ もう少し

ほら 見て 沢山 沢山咲くよ

花が開き 辺り一面

綺麗な薄紅色

風に揺れ
想いを運ぶ

人々は 宴を
花達は 賛美を

みんなが一体となる春

列なり 連なり

大宴会

美しい 桜

咲いた 咲いた 桜

花びらを幾重にも重ね 風に揺れ

一年に 一度だけ
出会える 楽しさ

一年に 思い出す人はいませんか

思い出を 振り返る花

桜の中に 思い出した人に 文を書く

春は 始まり

全ての始まり

春の使者 桜

また 逢えたね

ありがとうを伝えよう

桜達の力で 大事な人に
想いを伝えよう

ありがとうを

春は微笑み
夏は笑い声

秋は囁き
冬は静寂

四季折々の 思い出に

ありがとうを

時は巡り 一年は始まる

宴を初めて また

桜達に感謝を・・・

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・絵本・

風も少しずつおさまったかしら?
昨日はまだまだ 凄い風だったけれど

家の工事が煩くて
お外におでかけっ

図書館も行って来て 久しぶりに
絵本コーナーへ

しっかりと 色々読んだし
絵も見れて楽しかったです

大人になってからの絵本読みは
なんとなく 感じ方が違ったりするので

昔に読んだのを見てみたりすると
絵が凄い 綺麗だったり

発見があります

大好きな ガース・ウィリアムの
若き日の絵も見れて 満足

この方は有名所は
いつも書店に行くと 必ず表表紙で並んでいる

・しろいうさぎとくろいうさぎ・の作者です
読んでみてー

ほのぼのして 結婚の話なんだけれど
大好きです 新婚さんの贈り物にしたりも

しましたよー とっても かわいらしい話
くろいうさぎは男の子なんだけれど

男のこの方がおとなしくて
なんだか 今の時代にあってそうなって思ったけれど

昔からある本だから そうではないのだけれど
それに何故 あんなにほんわかが書けるのかなーって

思っていたけれど 昨日 色々
追っていったら 多分 ガースが奥様大好きなのねって

分かった気がします

この話の前に書かれた作品の
まぁ 元になったような話があったのだけれど

それも妻と旦那さんが うさぎで描かれていて
妻に最後の 台詞が

まぁ 彼は釣りをしに行き
遭難するのだけれど 宝箱を発見して

妻に持って帰ってあげたいと思うのだけれど
結果 最後に残ったのは パールの指輪一個

それを彼女に渡すと
いつか その宝箱を 取りに行きましょうねって

言われるのだけれど 笑 ここらへんが
女の強欲だけれど

それに 彼は もう素晴らしい宝物を持っているからねっていうの
それは 君だよ エミリーって

ああーーーーーーーーーーーう
べたな台詞なんだけれど

ガースって おとめんって思ったのは私だけかしらん?
妻を心から愛しているのでしょう

他の絵本にも 前書きみたいのがあって
・愛する妻へ捧げます・って書いてあったり

これくらい 愛されてみたいものですわ

日本男児は 愛の告白に弱いし疎い

他の女の子がどうかは知らないけれど

樂は断然 『愛してる』と たまには言って欲しい派です
皆様は いかが?

行動で分かるだろうとか それは分かりますが

海外に行った時も ひざまづいて
プレゼントだって 言って宝石箱みたいの

くれた ひげの叔父様 素敵でした
プリンセスに憧れるのは 女の子の基本 



まっ シンデレラ・シンドロームかしら?
ピーターパン・シンドロームがあるように

いつか王子様が 笑

さて 夢みんはよしとして
仕事 仕事っ

いきなり 現実 スイッチ

ではまた

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・嵐去る・

凄かった 本当に土曜より凄かった気がする
色んなものが 吹っ飛んでたな

今は外の壁工事で この間は
覆っていたカバーが まるで

帆のようにびらびらなって
鉄筋が揺れて 倒れるくらいに見えて怖かったが

なのでかは分からないが
今回はきちんとカバーを

閉じて行ってくれたのはいいけれど
そしたら 今度は風が直接当たって

凄い事になってたな

ベランダの花達を入れるか悩んだが
大丈夫そうだった

背の低い子達だったので

川沿いの桜達も 出番待ちなのに
大丈夫だったのか?

ちょっと不安

今週末に向けて温かくなるようで
お花見 宴会があたらこちらで

開催されるだろう

けれどお花を見るのではなく
飲み専門になっている人達がいるので

あんまり騒がしくないとこで
静かに見たい・・・

出来れば 大きな一本桜とかの
麓で・・・ 桜と対話しながら

今の桜達は 咲くよ 咲くよの合唱で
触ると とってもエネルギーが

流れてくるので この間
少し 充電を分けて貰ってきた

大地のエネルギーは素晴らしい
脈動が感じられる

早く会いたい 桜達 週末が楽しみだ

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・春嵐 来るのかなぁ・

春の嵐になるのでしょうか?
段々と雲は多くなってきたけれども

午後からかなぁ
その為かは分からないけれど

外壁の工事が盛んで
ぎぃぎぃ ごんごん 煩くて・・・

頭が痛いです

今のうちにやろうとしたのは
まだ 窓を開けたりしないためなのかしら?

あーーーー

でも 煩い 気晴らしの
お料理や音楽を聴いて 気分アップしましょう

お花見をもう 日曜日にしてきました
今週末が本番だけれど

桜二週間は 楽しめそうですねー

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |