樛の杜

まがる・うねるの杜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

・じつのとこ・

月曜日に 思い立って夕方から絵画作成など
することがないのに ついつい やってしまった

そして 三時間くらいで 帰ってこれたんだが
漸く 初夏の緑の 手習いみたいなとこまでは

でも 昨日 樂とメンバーと
美術館に行って 森林の中を通っていった時に

ようやく 求めていた緑に出会えた
川崎の生田緑地

背の高い すらっとした木々を求めていたので
杉の木だった 今の新緑の色が

光がさして 緑がまるで ガラスのように
透き通る もう少しすると 

しっかりした 葉になってしまうし
それはそれで 涼しさを作るのだけれど

そう考えると 自然と夏の暑さ
そして 昔は人間が それを良く知り

自然の 一部の中にある
という事を 自覚し 生かされていると思い

共存出来ていた 時代は 
それを利用 する術を 自然に学んでいたんだろうなと

木々の葉を見ながら考える俺は
ネーチャーすぎるんだろうか? 苦笑

そろそろ そんなことで 
描きたい 方向性が決まってきそうだ

びっちり三年やって わかった事だけれど
抽象は 楽しむ人間もいる

少し 伸び悩みで考えていたことだから
風景は人の心に静かに入る

こんな景色の中に 帰りたいと思わせる

抽象は もっと コアな部分
魂に触れ 風を興し

さらりと そして ざわりとも
なでてくることなので

自分の書きたいものは そちらだが
二束が出来るなら そのわらじを二束

履き替えればいい

一個のわらじでは
いずれ 駄目になる そうならないために

描いて 描いて いく内に
絶対に あたる壁だ 

こんな事をしていて なんになるのだろうと
そう思ったら 進めない

ただ ただ 好きで
ただ ただ 愛しい

呼吸をするように 美しいもの達を
閉じ込めてしまえる

もっとも 麗しい手段なのだから

さて 樂の手伝いをしてやらないと
にらむ目が 可愛くない 笑

シェフ担当 あとは ワインと女達
そう書くと とても悪い ジゴロ気分

けれど そんなハーレムが 俺にはあっている

女の子達を喜ばせるのは
男の仕事だ

笑顔 笑い 微笑

いい 風は幸せを呼ぶ
それを 実践できる 自分をありがたいと思おう

・樛・
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・水曜日とんで 木曜日・

そんなことで 昨日は朝から出ずっぱりでしたので
いつも通り 後日報告っ

岡本太郎 美術館 プラス
生田緑地 気になっていた公園と

さらに 川崎市 薔薇園
今年は 薔薇園を 見逃すかなって思っていたら

ふってきました お誘いが
いつもの 美術館 鑑賞メンバーとの気まま旅

しかし 時間タイム旅行
もうそろそろ 初めて 一年たちましたでしょうか

定期的に行くメンバーがいるのは
ありがたい限りです

そして 道にというより
電車に乗ると ジプシーとしては迷子になるのだけれど

地図と陸上 嗅覚と感だけで
動けと言われて 現地で役立つ人間です

もう一人は頭脳派 もう一人は先に徹底して
調べておいてくれる ネット派

この三人で とてもいいバランスっ

気遣い無用の らくちんですの笑
旅行に行っても 楽しめそうです

そんなこんなで 岡本太郎は 凄かった
パワー絶大ですけれど

彼の生い立ちを帰ってから調べましたが
色々と大変な一家での生活だったみたいです

父も母も 芸術家の一族だったみたいで
お父様は厳格 お母さんはお嬢様で

けれども制作意欲に 熱心だった二人
太郎自身も 絵を描くことを 自然に日常に普通にあるように

入って行ったようですね

けれども お母さんの 特殊的というか
芸術家にありがちな 気ままぶりで

愛人達も多数だったようで
夫公認で 家に一緒に暮らし

お父様が 海外に 赴任した時も
父 母 太郎 愛人の背青年 二人と

フランスで暮らしたりとか 母としては最低な
人間だったと 太郎は言っていたそうです

そんな彼も その血をけれども色濃くついだのか
プレイボーイぶりは凄かったみたいで

秘書にした女の子を養女にしたとありましたが
きっと 色々とあったのだろうなと・・・

大人の事情ですね
彼女はけれども 献身的に太郎に尽くし

生涯 使えていたそうです

どんな芸術家にもいましたが
理解者は大事だなって つくづく思いますけれども

さて 本日もランチ 四名様

なんだか 今週は一日の余裕もなく
毎日 イベントで ちょっと ぐったり 笑

しかし 何かしらしていないと
余計な事を 考え ローギアが入ってしまうので

閉じこもっていては駄目かなと

常にいい風が吹けばいいのですけれども

お料理 開始 お手製の鶏肉モモハムにチャレンジ
してみました 出来はどうか 楽しみです

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・昨日の報告・

メニューが また豪華でしたよー
お料理好きな人が 一人いて

彼女の持ってくるメニューは中々なものばかり
スペアリブまで ありました

オーブンをお宅で 貸して頂いて
作っていましたね

味付けだけすれば
確かに いい感じっ

それにワインビネガーみたいので
味付けした 焼いた野菜達にかけた

何だろう サラダになるのかなー
それもおいしかったです

後は たまねぎのマリネ 
混ぜご飯 銀杏 きのこ入り

トマトのカプレーゼ
茄子の洋風煮込み

茄子のす揚げ 
北海道の方がいらして

懐かしい 甘納豆入り お赤飯
洋風のミートボール 

ご馳走三昧でした
ワインにビールに 楽しい一時をありがとうで

時間はあっという間だったなー

今日は二ヶ月に一度は行く美容院
髪の毛を こまめにカットするのが好き

というか 美容院に行き
そこでおしゃべりの あの空間が昔から好き

さてさて でも 遅くに行くので
今から 支度です

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・月曜日からお呼ばれ・

珍しくお呼ばれです 新築お祝い
ということで 持ち寄り料理大会 

三回目くらいかしら?
それはそれで 味をしめて

ちょっと楽しい

ということでいろーんな料理を
見れて そしてお家も見れます

ファッション関係にいたのもあってか
インテリア関係も大好きで

お部屋の大改装 
みたいのはしてしまいたいですね

でも お金も伴うのですけれども・・・

仕方ないですけれど
だからそれをお仕事とかで

提案して 色々な 内装を手がけるのなら
居間とかを一つの ドラマに見立てて

いろんな 小物を置いたりして
楽しんで みたいなーなんてことが出来るかなって

思っていた時期もありでした

人によって好みが違うし
その お客様の感じを掴んで

満足していただくように
色々と試せる しかも お金のプランも含めて

それは ちょっとした楽しみかなー
まぁ 好きじゃないと出来ない

お金を貰ってする お仕事は
本当に大変ですしね

昔の接客業は 本当にお勉強になったし
人生で 無駄な時間は一つもないのだけれど

それは 後になってから
分かることで その時は大変だったり

辛かったりすることの方ばかりが
目に付いたりして

その生き方を ちょっとだけ
変えて 視点を

生きてさえ いれば
何でも 出来る そう信じることに

変えてからは ちょっと生きることが
楽しくなりました

後は ポジティブ スイッチを入れることかなー

そんなわけで 色々と
がんばっているよねーみたく

言われるのですけれど
実は そんなに頑張っていません 笑

のらくらと 気持ちゆったり
好きなことしか 出来ない性分なだけですね



さてさて ワインを新築お祝いに
持って行こうか 悩み中

一品でいいと言われたのに
二品 作ってしまい

そして 車とかで移動とかじゃないから
重い・・・

支度 支度・・・
晴れて良かった

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・趣味話・

土曜日が晴れだと やっぱり気は楽ですよね
ちょっと どこかに行きたいなって思っても

ぱっと お出かけできるし
やっぱり 雨だと 憂鬱になるのはいなめない

それに 着ていくお洋服を悩んだり
色々とね 笑

いつも ロングスカートしかはかないので
そうなると 短いものってなるから

うーんってなって レギンス履く?
カラータイツ?とか 

色々と 悩む
暑いかな 寒いかなって

お洋服 考えるのは趣味の一環みたいだから
楽しいけれども 

まったく スタイリングを変えたくなる時もある

でも カジュアルは基本ないですねー
昔から トラッドは好きだけれど

かちっとしたのは 肩がこるみたいで
好きなのと 似合うのは違うし

色合いもね
だから ぱっとみて これは大丈夫って言うのは

自分でよく分かっている
好きな色 でも似合わないっていうのもあるし

着こなしに 挑戦するのも楽しいけれど
身に着けている お洋服で

ちょっと 背伸びや全然 イメージじゃないものは
やっぱり 着ていて 居心地が良くないから

着ていて ほっとするというのは
大事かなと思う

それが アラビアンスタイルになったけれど
この 暑い関東では それが適切な気持ちもする

暑い国 にはそれなりのわけがあって
その服を身に纏うって言うのが

風習みたくして 残っているのが
海外 日本は様式になっていったのは

便利だからの方が 強いし

着物も 外国人が着ても やっぱり似合わないし
日本には日本の 美しいとこがあるなっては思う

だから 着物を着るのは大好き

きちんとって 気持ちもしゃんと 整っていくし
洋服の 一つの役目な気もします

その業界に携わっていたのもあるから
もあるけれども

TPOに合わせた服装
それは大事ですからね

結婚式にジーンズはないだろうし
着物は特に この時には これという仕来たりが凄いし

季節を嗜み ながら着る習慣が
残っているという事かなー

流行り物は それはそれで素晴らしいけれど
流行を入れつつも きちんとコンセプトのある

ブランドは素晴らしいって思うけれど
着ない 苦笑

自分の似合うもの
みんなと同じものを着て 安心もないし

組み合わせをその通りして着ることも
しないし カーディガンをカーディガンとして着ないで

ショールみたく使ったっていいし
色が綺麗な ニットをちょっとした道具にしてもいいと思う

発想が変だって言われたら
変でもいいよって 気持ち

それが個性なので
なければ 作っちゃえー みたいな 笑

個性 反対みたいな 体制が整いすぎている
日本はちょっと 窮屈

日本は日本の素晴らしさ
海外は海外

人は人 自分は自分
比べるから 大変

ありのまま それが一番かなー
長くなっちゃったー 笑

私のは 一人しゃべりブログ
名づけて 趣味の小言なので

書き物屋ですから ご勘弁をー

さてさて 今日はシルク博物館
ブライダル コレクションですっ

お兄を着き合わせての タイムは楽しみっ

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・美術館巡り・

ということで 美術館巡りのメンバーと共に
六月第一陣 岡本太郎 と 薔薇園 セット 苦笑

いつも いつも 調べるのが遅いのか
六月三日まで・・・

まあ これは 薔薇園の方なのだが

色々とスケッチも出来るから
いいかと・・・

後は 情報としてだけ 載せておこう

エルミダージュ美術館展覧会 
六本木 国立新美術館

ベルリン美術も来る
上野の西洋美術館

今は 横浜そごうでやっている
日本画も 中々の見もの

たいてい 四月くらいから
一度 開催だと六月上旬で 

おしまいになるものもあるので
気を配っていないと 見逃しも・・・

横浜美術館は 漸く
元の 日本画家の 有名な女性

名前が ちょっと 出てこないが
若くして 一躍 飛びぬけて出てきたけれども

俺は 死にそうに駄目だ
体内の内臓とかも 書いたり

描写が 素晴らしい事は 認める
でも 好き嫌いの 問題なので

精神的に やられるのは 見に行けない

その後釜として シュールレアリズムの
面白いのが 入ったので

それは 以降と思う

・緑恋・との デートは 久しぶりだな 笑

横浜美術館は 近代も好きなのと
多分 シュールレアリズムへの関心はあるのだろう

あの・ダリ・を所有しているくらいだから

市で管理しているものと 個人的な 個人蔵があるので
趣味が出るだろうが 中々 面白い

美術館は 建物が面白いのもいい

さて 本日はしかし 樂の付き添い
・シルク博物館・が漸く リニューアル

第一陣として 桂 由美 ブライダルコレクション
人物は 書かないが 光沢のある 布地を見るのは

色の勉強になるので

楽しみである・・・

ではでは

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・病院・

今年は本当に体がだめだめみたいです
ちょっと気を抜くと 風邪を引くし

体力づくりでもした方がいいのかなーなんて
それで 今朝は起きたら

咳が酷くて これをほおっておくと
喘息みたいな 咳になるから

それは ちょっと というか
かなり 苦しいので

なんとか かんとか
病院へ行ってきました

咳で こんこんしていると
風邪の咳とは 違うけれども

嫌がられるので
端っこの方に 座って

いつもの 愛読書 ナショナル・グラフィックを
読んでいました

世界の自然の話やら 災害
動物の生命 今日は双子の不思議について

テーマが 色々あって 楽しいです

双子は本当に 不思議
テレパシーが 存在するのではと

唯一 思わせてくれる存在ですね

別れ別れで 暮らしていても
生い立ちが まったく 同じで

名前も 妻の名前も 離婚も
付けた 子供の名前までも

ほとんど 一緒だった人の 話なども載っていました
世界に 不思議は様々 なんですね

まだまだ 自分の 知らないことは
いっぱいで 死ぬ間際 まで

本は読み続けると思うけれど

それが なんの為に?
そう言われたらおしまいなんだけれど

知る事は 発見 大人になっても
なぜなぜ どうして? 人間でいたい自分です

それを知ることによって
自分の知識は増えるのですから

向上心ですよね

ということで でも 今日はおとなしく していないとねー

体が弱った時は 読書 手芸
絵をちょっと 描いたりして 

気分を良くして上げないとね

自分 を少しずつ 大事にするこつを
覚えました それをしなかったので

色々な ことになってしまいましたので

鬱病は 怖いし もうなりたくないから
自分で 自分の感情を

コントロール しないとねー

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・人間の心 魂・

朝日は 昇り 日はゆっくりと 辺りを照らす

暗闇は消えるが
痛みは残ったまま

光だけが 眩しく
心を刺す

色々な想いが 交差して
螺旋 直線 また螺旋

想いは糸のように
絡まり 絡まり

考えれば 考える程

言葉は人の心を惑わせ
悲しみと 痛みを呼ぶ

ただ 愛していると
ただ 愛しているよと

二つは 同じ 愛たる名が付いているのに

こんなにも 違う

愛してる 自分の心
愛しているよ 人の心

自分の心は 全て分かる
人の心は 信じるしかない

人を 信じれるのか?人を 愛せるのか

愛せば いつも
全てを 欲しがり

愛せば いつも
貪欲に なり

自分の心の 醜さに
心は痛むばかりだ

ただ ただ 欲しいと
ただ ただ 望むと

そう 単純に 言えさえしたら いい

けれど 現実には
それは 叶わず

欲しいと言えば
貰える 時もある

だが 欲しいと言われても
与えられない 時もある

それが 人間の 複雑な愛情

何もかもをなしにして ただ二人だけの世界は

どんなものなのだろう

魂だけであり 融合をし
まるで シャボン玉のように

ふわふわと浮いて

時には 溶け合い
一つの 珠に

時には 隣で
緩やかに 互いを感じながら

そんな風にいれたらと思う

肉体が 邪魔をして

離れていれば 不安で
離れていれば 求め合い

もう一つの 魂を探し

離れていた方が 相手を望む
側にいれば 安心するのに

人間は 不思議
人間は 大変

器用 不器用

上手く 生きれたらいい

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・薔薇・

春の暖かさかと思っていたら
雨の日の夜 肌寒いなと思いながら

眠ってしまいましたら
やってしまいましたね 喉がまたいがいが・・・

なんでこんなに弱い体なんでしょう
軟弱すぎるにも ほどがあります

火曜日はお友達の誕生日パーティ
毎年 お祝いさせてもらっているのだけれど

もう 家族みんなが お友達
子供達とも 六年のお付き合いになったので

大きくなったなーって思います

その成長を見れるのは楽しい限り

そして そちらにあるお庭で咲いていた
八重の綺麗なピンクのローズ

素晴らしい薔薇を
ちょっと 絵にしたためて見たいと

そう思いますの

水彩画で描く 薔薇は初めてだから
お兄に見せれる程にかけるといいな

ちょっと楽しみ 
描いたのを 見せるのがスタイルなので

色々と教えてはくれないので
教えてくれるとしたら 薔薇の描く位置を

ちょっとだけ花瓶をずらして
此処というだけ 笑

でも 一番 綺麗なとこだから
納得します 樂も描くのは 昔から好き

水彩とパステルと 色鉛筆
気軽に かけるのが好き

そして 好きな子達を描くのも好き
なので 動物やお花 ぬいぐるみだったり

たいてい それはみんな
愛のある子達 なので 絵本チックになります

さてさて やり始めないと
午後からはお出かけです

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・金曜日には絵画・

時間のごった返しだな
二人で書くと こうなるら困る 苦笑

別々のブログを立ち上げればいいのだろうが
それも面倒という ずぼらぶり

まぁ もう 此処で書いているので
続けて十年くらいは 容易にやるだろうから

気長に 気長に

金曜日は描きに描いた
久しぶりだったこともあってか

初夏の新緑を描こうと思っていたのだけれども
それはそれで 後回しになってしまった

少し 風景画ばかりと 付き合っていたので
抽象画がどうしても 描きたくなったので

今回は 先月に続く
『魂Nシリーズ』 最初の序曲 の作品を入れたら

四作目 今回は珍しい事にタイトルから決まって描いたのは
初めてかもしれない・・・

序曲と呼ぶにはおかしいかもしれないが
序章というのも変だ 番外編は終わってからのものだし

絵画の呼び名は 難しいと思う
タイトルがあるから それに 記してしまえばとの考えなんだろうな

まぁなのであえて序曲
『紅の暁を切り裂く 黒い闇と魂』

第一作
『追いかけ合う二つの魂』

第二作
『魂の交換』

大三作
『魂の融合』

このシリーズは『N』と名を付けて

ある人間の男と女の感情
その愛し合う姿を 色のグラデーションと

丸だけで表現したもの

前にも作品として その時も四枚だったが
描いてみたのだけれども

なかなか 面白かったので
今回 改めて 描いてみた

モネが睡蓮を描き続けた様に
自分もこの 単純であるようでいて

丸に感情がどれまで表現できるかを
現す挑戦みたいなものになるので

描き続けてみたいと思う

自分と相手 そのテーマは多くの画家が
取り組んだことであろう

時には友人であったり 家族であったり
恋人であったり 様々な人間模様を

表現できる 絵画の世界は
本当に面白いと思う

時代背景も全てが
人目 見て分かるものも 風景や服装

絵画は今を書き上げるのに
書きあがったと同時に 過去のものとなる

それも とても面白い事だなと
人は生きてきた 証をどこかに残していたいのだと思う

さて 人間に触れるだけの力が
少しだけ甦って来たので

今のうちに 色々と 楽しい事をためよう
そしてまた 獣のように 生きればいい

食べたい時に食べ 寝たい時に寝て
したい事をする そうありたいと思っていたのだから

今だけは許されている時だ

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・日曜はお出かけ・

昨日は 久しぶりの地元飲み というか食事
絵を飾ってくれている所の

カフェ・バーに行ってきて
沢山 色々な若い人達とお話をして

楽しかったです

時間の許す限りの リフレッシュ
やっぱり 人と話すのはいいなーって

そう思うのです

おうちに閉じこもっている時は
お休みしている時

でも そうやって 時をまた緩やかに
動かすと それはそれで

時間の流れを感じて
ありがたく 思うことです

普通が幸せ それがいい
だから みんなにありがとうそう思う

そんなことで 今日は誕生日プレゼントを買いに
みなとみらい エリアまでお出かけ

久しぶりなので 楽しみです

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・アメランチ・

アメーバ つながりでお友達になれた
というか 友人の友人達を紹介してもらった

みたいな シュチエーションですが
アメランチと名を 命名してからは

初めてですが いちよ
四回目 くらいになるのかな

どんどん レシピをご披露ですね
今日は 七時半から

炊き込みご飯 大人気で
仕込みです

そして 釜ごと 持って行っちゃうか?笑
作戦ですわ

ということで 今から準備
アメランチは会場が

うちと 違うエリアなので
ケータリング シェフですのよ 笑

どこでも いつでも ワインと食事
それに ティー

それが醍醐味ですわ

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・雨・

綺麗な雨です さらさらと
緑をぬらして 霧雨のような雨は素敵

もやがかかったようになるので

このな時は地元の景色を
思い浮かべます

白い 白い 白樺並木が
夏の緑になってくる時期で 風に揺られると

きらきらして 雨がもやのようになると
景色がぼやけて 遠くの山並みが美しく

緑達のグラデーションが見れます

こちらは本当に山がないので
それがとても辛いです

むかし 『アルプスの少女ハイジ』を いつも思い出します
山を思うとね 笑 台詞の中に

山から 街に連れて行かれた ハイジが

『ここは山がないわ 山が見たいの 山が見たいの』

台詞を思い出しただけで 泣けます 苦笑

そんな気持ち そうして ハイジもフランクフルトの町で
鬱病見たく なってしまうんだよねー

しくしく 朝から 悲しい話だ

何度見ても 飽きない
大好きな ハイジ 山に帰っていいよって

そう言われてから 帰ったハイジの
のびのびとした 様子は

いつか 自分もああなれたら いいなぁと
願いを思いますね

さて 今日は 役員の人たちと
本当のお疲れ様会

珍しく お外ランチ

けど 雨-ーーーーー 笑

のらくら 行って参りますわ

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・月曜 怠い・

五月に入って ゴールデンがあったのもあり
色々と絵画作成の景色を目にしたり

題材を探していて

こんな感じだなと思っている 景色が
一枚ある それを是非に 描いてしまいたいのだけれども

微妙に 滞っているな
今週の金曜日に スタートしようとは思っているので

多分 どれくらいの感じでかは 分かっているので
さらさらと進めてみようと思う

柔らかな 色合いで 春から夏にかけての
初夏の緑を 作成かと

ちょっと これは切り離しに出来るタイプのを
考えているので 頭を 使いながらというイメージ

つなぎ目を 何にするか
やっぱり 木々がいいのか・・・

微妙 まぁ 自分感覚なので
暫し 待たれよ ってとこか

絵だけでなく 工作というより
木工芸にも 繋がりそうなんだけれどな

さてさて 準備 準備
出かけないとならないので

今週も 自分ペースでのんびりと

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・週末・

と言うことで ぼーっとしている訳でもないのだけれど
今週は昨年の 委員のお仕事の一年 お疲れ様で

昨日はランチ 八人でした 苦笑
八人くらいまでは余裕 何だけれど

それに子供ちゃん達とか くっついてくると
たまらない状態になりますの

二十人まではいかないけれど
十五人とか 笑

まぁ そんな時はもう ずーっと 料理ですね
それはそれで 楽しいのでいいのだけれど

昨日は珍しく 一品 持ち寄りコースで
楽しかったですわ

人の作った お料理を頂ける機会は中々ないので

メニュー発表 和食パーティでした

炊き込みご飯 白菜と豚肉の昆布煮込み
三種類のお芋のサラダ 納豆とにらの和え物 

フレッシュサラダ 此処までが樂です

皆様のは様々でした 豚肉のピカタ シンジャガの揚げ物 
春雨カレー味サラダ レンコンの胡麻和え 春巻き

デザート担当班より マドレーヌ フルーツゼリー!

素晴らしい 豪華メニューで
早々と十時からスタートして 二時くらいまで

楽しい おしゃべりと飲みと食事
人間の基本の お楽しみタイムですね

サロンみたく 場所を提供するのが
好きな樂としては いいのではないでしょうか?

そんなことで 楽しかったですが
帰った後は ちょっと 疲れる 笑

まぁ それも 心地いいのかも

さて 今日はくまくま達の為に
ユザワヤ訪問です

午後からは 久しぶりのお出かけー
楽しみだわ

手芸屋さんは 心が躍ります
今年は時間があるし お洋服も作ってしまおうかなって

思ったりしているので
お裁縫復活 かなー

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・クマ製作 任務開始・

お酒の席での約束事とは言え
ちゃんと 子供との約束は守らないとねですわ 苦笑

女の子ちゃんが来ると
甘くなってしまう 性格 笑

テディ・ベアを うっとり見ていたちびちゃん達
と言っても 小学生か

ついつい 欲しい?と聞いてしまう自分が憎いですぅ 笑

誕生日にとの約束で 八月まで
しかしやりだすと 早いけれども

もう 一個クリアなんだけれど
二人 姉妹に作ったら

一緒に遊びに 来ている
幼稚園の子と 小学五年生・・・

あげないわけには いかないでしょうで・・・

計 四個・・・

まっ 趣味 趣味ですよ

やりだすと モヘアの毛や色
手足の ベロアを選んだりするのは

楽しいし 精神安定なみですね

顔が可愛く 出来た時は 愛情満載っ
情が 移る前に あげてしまわないと

テディ・ベアの 館になってしまうこと
間違いなしです

今年は本当に 時間が出来たので
お裁縫も 楽しもうかなーって

と言っても 小物を中心に手縫いが
好きなんですけれども

ミシンとか出したら 出しっぱなしで
いられる 畳 三枚くらいの小部屋が欲しいですー

さてさて 続きをしよう
動く 関節のジョイントを 買ってこないことには

進まないので みんな 縫い縫い作戦開始ですわ
白 青 桃 黄 ですねー 

白い子は 毛がいいのを 使ったので
くりんくりんの モヘアちゃんですの

とっても 可愛かった
短毛と長毛が あって あとは カールの毛だったりと

この毛の生地が高いですのよ
大人の楽しみの 高級な縫いぐるみですわ

そして 一から作る楽しみっ
この間は 蜂に変身できる子を作ったら

好評でした

笑 帽子を被るタイプで それが蜂の触覚が着いていて
黄色いお腹には 黒いしまが 笑

凄い かわゆいです

ハニーちゃんって 名前をつけて
今 お気に入りのクマちゃんのお財布 ムクの彼女に

選ばれましたの かなり
個人ネタで 笑 趣味全開ですねっ

写真は送ったから みんなには分かる話ですけれど

さーて 肩こりしない程度に
お裁縫でぃ 乗っている時にしないと

これも 進まない 笑

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・雨かなぁ・

まだ 頭痛はこないから
大丈夫かな・・・

雨が 降るたびに緑達が
沢山 葉を開き 段々と葉の数が増え

わさわさとしていますねー

綺麗です とっても・・・うっとり
でも 此処までなんです

樂の大好きな 季節は 笑

この後は 本当に地獄・・・
むしむしと暑くなってくる 梅雨

あのじどーーーーーーってかく汗
しくしくしくしくしくしく

そして それが終わったら
雨はどこにいったんだー 

と言う 勢いで夏が駆け足でやって来て
困ったもんで 辛い 暑い あづいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ

しか思えなくなりますのんっ

外に出ると 砂漠の旅人気分です

北国にいた時は 夏の暑さが
ああ やってきたね くらいで

お盆を過ぎたら 秋の風がやって来て
すすきと 紫陽花が一緒の景色の中にあり

ちょっと 不思議な光景が出来ます
今は漸く 梅が満開で 桜が咲き始める頃

今からが 北海道は春でしようね
青森の友人も 桜が終わったところだと言ってました

そんな 感じで あちらの春は一斉にお花が咲くので
それはそれは 賑やかで楽しい

チューリップ ムスカリ クロッカス
梅 に 桜が 続いて 水仙も

みんなで 一斉に さぁ 起きないとって
感じで 可愛らしい

それを 情緒がないわーって
言っていた人もいるけれど

樂は大好きでした 笑
気短な私には 丁度いい 笑

待たなくて いいんですもの

さてさて 今日は漸く お友達が来ます
暫くぶりなので 楽しみっ

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

さて 水曜日だった
色々と予定を入れだして

動くのが 今日だな だいたい

土曜 日曜の雑踏を払い
月曜は体調を整え

火曜はエンジン調整
水曜 始動

そんな イメージ

昨日の夕方 出かけ際に
ああ 昨日はでも 夕飯を何故か

公園で 苦笑 すっかり定番だな
花見がなくても たまにやる

初夏が迫って来ていて
凄い 綺麗な緑だった

それで その出かけようとしている時に
電話は入るもので 

先日 出版業界の 文芸社と言う
所に 資料を依頼していて

内容を確認と どんなジャンルかとか
金額がいくらか 書いてあるのかと

思っていたら 金額はなく
そうこうしていたら 直接電話まで

掛かって来て このブログも
見ていったらしい

用はあちらも営業だな

一冊 出すのに 百万もかかるそうな
それを 三分割で払い込み

本を出すと言うより 売り出しみたいに
聞こえるのは 俺だけか

まぁ 色々 質問はしたが
今すぐに そんな金を出す事は出来ないし

それに 運があり 文才があれば
目に留まって いいものがあれば

たまに 一冊 二冊はただで出版もありとか

こっちは 本当に 十年くらいの
予想で 動いているので

今まで二十年近く 書いていたのだし
今更 あせって ばたばたと

やっつけみたくしたくないのが
事実 それに絵画の方を軌道に乗せてしまってからだしな

百万 あったら 展覧会の方が先だ 苦笑
運とタイミングが 絶対にやってくるので

その導きと 引きよせを信じようと思う

まっ 報告でした

・樛・


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・火曜日ですねー・

朝 起きたては昨日は元気だったけれど
午前中の家事で エネルギー切れ

午後はまったりしていました

今日は朝はだるかったけれど
今になって漸く 始動出来そうです

日課のブログを書いたらスタートかな

ゴールデンは御殿場に山並みを見に行き
伊東の海に出かけてから

後半戦は雨ばかりで
川崎駅の沖縄のお祭りに偶然行き

たらんと会場を一周

次の日はまた釣り友にお付き合い

釣りをしている間に
絵を書いていたので それはそれかなって

退屈 しないですみます

比較的 のんびりとした感じだったかもです
渋谷の旅が 凄い人だかりで

ぐったりだったけれど
絵画は見れたので お兄と共に満足

今度はエルミタージュだわ

次の美術館は大きいし広いから大変です
しかも遠い・・・ 六本木 国立新美術館ですの

毎月 一度の美術館
今回は二回 行けたので いい感じだったかなーなんて

思っていますが 今月 もう一度行けるかしら?

ゴールデンが終わった途端
晴れてばかりって なんなんでしょね

意地悪? 笑

誰からだ まぁ 世間では働いている人も
沢山 いたでしようし 昔は働いている側だったので

みんな ご苦労様でした

後は 梅雨かー 憂鬱だわー
雨の日は 篭って 色々と作業にしよう

さて スタート

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・雨ばかり・

雨のスタートから始まった
後半戦・・・ でも今日も雨はどうなの?

だけど 今日は室内のアミューズメントや
ショッピング関係が 人気が出そう

ディズニー・ランドとかに
今日 来た人達は ちょっとかわいそう

遠くからとか 来ていたらさらに

私は 気まま旅なので
今日は雨だし ちょっと まったりしようかなーって

イメージですね

ではでは

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・雨の後半戦・

スタートは雨

そして 再検査 苦笑

そして 出発まで後 十分 

なのにいつもの 癖で 日課ブログ

日記 十年も付けた人間だから
これをしないと 始まらない

ブログ日記は 七年目

さて 用意 用意 苦笑

皆もゴールデン 楽しまれよ 藁

・樛・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

・ゴールデン途中経過・

と言うことで  暦通りなので
今日は平日と変わりません

なんだか初日だけ晴れ晴れで
後は曇り まぁ 暑いよりはましなので

これはこれで いい気分ですねー

けれど なんか もわもわと曇りで
蒸し暑いですー

暑いのは大嫌い・・・

そんなわけで気まま日曜月曜の旅ー

土曜日は病み上がりの為
遠出 美術館の疲れを癒し

まぁ いつもならへっちゃらですー
だったんだろうけれども

まったり過ごしてました

日曜日に 今しかきっと見れないだろうと
思い山並みを見に・・・

鶯色の春の新芽達を眺めに行きました
ちょっと遅めの昼からのお出かけでしたが

どうしても行きたかったので
頑張りましたよっ

サンドイッチのお弁当も作って
さてさてと御殿場まで 

その途中の山並みがなんと 綺麗だったことか
今しか見れない 色合い

来週になりゴールデン過ぎると
もゆる 緑になってしまいます

それはそれで なんだけれど

富士山も眺めることが出来ました
そこでパノラマ式に スケッチをお兄として

夜は温泉 

でもその前に なんだかほわほわ達のおかげで
元気になって かなり気分の良くなった 猫は

気まま旅を 続けることにしちゃって
突然 伊東の海まで行くことにーー

釣り人の 友人も一緒だったものですから
自分はしないけれども

温泉にいそいそと入って
しかし微妙に変な道から行ったらしく

時間がかかり 三島経由 苦笑
回転寿司を食べて

やっぱり こっちより ねたが新鮮
おいしかったー

着いたのはなんと 十一時
そんな時間でも 餌屋さんは開いている

夜釣りの人たちの為らしいです

釣りはなんと 実はちよっと言えない品でしたっ

後で友人には教えてあげよう 笑
此処では秘密 けれど

二匹 釣れたのですが
夜は弱い にゃんこはそれを待ちつつ

一人 車で待つのも怖かったので

暖かかったので 大丈夫と思っていたら
防波堤で 寝てしまいました・・・ありえない笑

そして なんでか左手を虫にやられ

蚊もいたのだろうけれど
結構 虫に刺されると ひどくなるので

気を付けていたけれど
こんなとこで野宿チックな事だとは思わず

今日は 酷い腫れて痛いです 
しくしく 

大漁ではなかったですけれど
目標は達成で 内容の濃い一日

そして ほんとに車内泊 ・・・疲れた

気まま過ぎる旅でした
思いつき旅行 嫌いではないけれど

車内泊は ちよっと辛い

次の日は 昼まで釣りをしましたが
釣れなく 笑 

途中 伊東のお祭りで
網焼きの 魚を食べたり イカを焼いたり

自分達で焼くのでした
そして その後は 鬼のような渋滞・・・

でも その秘密の品を食べて
大満足でした すごかった

味噌汁と お刺身にしましたよ

さて 気まま猫旅 にゃんはどこまで
行くでしょう 実は群馬作戦も 

ちょっと あったりです 苦笑
素泊まりでもいいから

宿に泊まりたい さすがにそっちは

そんなことで 前半の旅 終了

いつも こんなに 自由人で 
いいんだろうか・・・

なーんて 口だけですけれども
前なんて いきなり 岡山まで

耐久レースみたく 八時間 車
現地 八時間 帰り八時間とか

何しに? 日本三大 公園の一つ
見に行ってきたり しました 

ただの あほです 暑かったなー
あの時は もうまさに 旅人

ジプシー暦 長しですね

全国展開ですから まっ そんな人間もいるわ
九州も 行ってきた あの時は特別ですけれども

飛行機 使う事はまずないですしね
ちょっと 国のお仕事 してお金があったので

旅行かねて 友人に会いに行きましたの

笑 北国 北海道にも
そろそろ 帰りたいものです

さて 本日は役員会
これで 本当の締め

それまでに色々しよう

・樂・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。